100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

抗糖尿病作用、特にインスリン抵抗性のめざましい改善が・・・

 

今や糖尿病が国民病になりつつあり、2007年の国民健康栄養調査によると「糖尿病が強く疑われる人」は890万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」は1320万人、合わせて2210万人もいるのです。

 

国民の5人に1人が糖尿病もしくはその予備軍というわけです。

 

ヒトは食べたものを胃腸で消化吸収し、その中の成分のいくつかがブドウ糖となり、膵臓でつくられるインスリンというホルモンを介して一つ一つの細胞に取り込まれ身体を動かすエネルギー源となります。

 

糖尿病というのは、ブドウ糖がうまく細胞に取り込まれず全身のエネルギーが足りなくなってしまい、かつ血液中に使われなくなったブドウ糖があふれ、その状態が慢性的に続くことで様々な組織や臓器の障害が生じる状態をいいます。

 

糖尿病の進行が原因の視覚障害で失明する人が何と年間3000人みいます。

 

そして糖尿病性腎臓障害で人工透析を始める人が年間1万5000人、糖尿病性壊疽で足を切断する人が年間3000人。

 

糖尿病はとても恐ろしい病気です。

 

国立千葉大学大学院薬学研究院では、ステビア・エキスを飲んだ方の中で血糖値に好影響を与えた方が多いという情報を元に2000年に研究を開始されました。

 

糖尿病患者にはインスリンは正常に出ているのに、臓器などの細胞の出入り口が壊れてブドウ糖を運べない状態になっていることがあります。

 

これを「インスリン抵抗性」といい、いくもインスリン注肘を打つてもダメで非常に重い症状 です。

 

研究では既に発売されて治療現場で使われているインスリン抵抗性治療薬とステビアとの比較に関する実験へと発展し、大変に良好な結果が出て、2006年の「第49回日本糖尿病学会午次学術集会」において干葉大学大学院薬学研究院-より学会発表が行われました。

 

タイトルは「薬用植物ステビアの抗糖尿病作用に関する分子葉理的研究」です。

 

「既存のインスリン抵抗性改善薬と比較して、ステビアは非常に低濃度で、顕著なインスリシ抵抗性改善作用が細胞レベルて100倍以上ある」・・ということで発表されました。

 

また、このステビアの血糖値を下げる作用は、インスリンの分泌を促進させるというものではなく、インスリンが糖をあらゆる細胞内に取り速ませることを促進させることが判りました。

 

つまり一つ一つの細胞をステビアが活性化させていることがわかったわけです。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館