100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

ピロリ菌を殺菌て、善玉菌を増やすステビア

胃がんの原因ピロリ菌を殺菌

ヘリコバクター・ビロり菌は日本人の50歳以上であれば70%が感染しているとされ、胃潰瘍患者の80~90%から発見されているのです。

 

県立福島医科大学微生物講座における実験の結果、ステビア,エキスのへリコバクター,ピロり菌への殺菌f用が確認され、「胃癌及び胃潰瘍の原因と言われているピロり菌に対してして殺菌作用を有すると共に、副作用のない天然物、すなわちステビアの由来の抗ピロリ菌作用を有する物質」として県立福島医科大学から特許公開されています。

ステビアエキスは、有害な細菌は殺し、有用な細菌は増やす選択的殺菌作用があります。

 

東北大農学部の応用生物化学科(神尾教授・冨田教授)での実験で、人体や家畜に有用な乳酸菌やビフィズス菌ステビア・エキスを加えると大変に元気になり、どんどん増殖するを明らかにされています。

 

その一方、O-157やサルモネラ菌黄色ブドウ球菌腸炎ビブリオ菌などの有害菌も増やそうと培養器にステビア,エキスを加えたの、悪い菌は死に絶えているのです。

人体や家畜に有用な菌は育て、増やす・・・東北大学の実験室には驚きの声が上がりました。

 

この研究は「第71回日本細菌学会(1998)」で「腸管出血性大腸菌及び他の食中毒起因菌に対するステビア醗酵液の殺菌効果・有害細菌を選択的に殺菌する作用」として学会発表されました。

 

エイズウイルス菌も抑制するステビア

 

エイズウイルス(HIV)に対する完全な治療薬はまだありません。

 

1997年の「抗ウィルス化学療法研究会」で、県立福島医科大学商学講座の岩田泰秀教授が、「ステビア濃縮エキスに試験管レベルでの抗HIⅤ化性がある」と発表し、さらに翌98年、サンディエゴ市の「第11回国際抗ウイルス学会」で茂田上郎教授が、ステビア描出液の「抗エイズ活化」について研究発表、しかも阻止率82%ということで学会は人騒ぎになったのです。

 

エイズウイルスは免疫細胞の中に入るカギ(gp120)を使用して仲間を増やし、当然免疫は徐々に働きが悪くなります。

 

ステビア・エキスはしっかりとカギを没収します。

 

福島医大ではエイズウイルスの他に、ヒトロタウイルスやオーエスキーウイルスをもステビアエキスが抑制ずることが確認されています。

 

強毒性鳥インフルエンザウイルス(H5N1)も抑制するステビア

 

強毒性烏インフルエンザ(H5N1)のパンデミック(世界大規模同時流行)です。

 

1918(大正7)年のスペイン風邪では世界で2500方人が死亡しました。

航空機が発達した現代では、またたくまに被害が広がりかねません。

 

大阪府立公衆衛生研究所で行われた実験では、「ステビア,エキスは比較的低濃度でH5N1の感染に対して阻害効果」を示しました。

 

エイズに限らずウイル体内に入り込み、人の機能利用して仲間を増やしています。

 

ステビアエキスは、H5N1の約半数からカギを没収すことに成功されています。

 

ステビアエキスはC型肝炎ウイルスも抑制する

 

毎年約3万人が肝臓がんて無くなっています。

 

その原因の8割はC型肝炎ウィルスの感染が原因と言われています。

 

国立群馬大学医学部大学院院臓代謝内科研究チームは、「ステビア・エキスをいつも飲んで、インターフェロン療法を行わないのにC型肝炎ウイルス量が減少したり、時に消失するケースが見られと学会発表。

 

研究の結果、ステビア・エキスのC型肝炎ウイルス抑制効果を確認され、2008年に米国肝臓学会(AASLD)、第44 回日本肝臓学会総会において「STVステビア・エキス)のC型肝炎に対する新規抗ウイルス薬としての可能性 」として学会発表されました。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館