100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

薬の飲み過ぎで、新たな病気をつくりだ日本

医療にお金をかけないのは、男女とも長野県が日本一で、長野県民の一人当たりの、薬代を含めた医療費は、全国で一番少なく、医師や病院のベット数、入院件数、入院日数も、日本で最も少ないレベルです。

長野県民の方の様に、薬を飲まない生き方をすれば、健康で長生きできるのです

薬は毒で、飲んでも病気は治らなく、薬は自然に治る力を弱らせます。

 

病気は、薬でつくられると、薬の専門家の人が述べておられます。

 

薬は人の命を救ってきたとはいえ、微量でも化学物質で、薬を服用すれば、腸内フローラが悪くなり、予期せぬ症状や新たな病気を誘発することがあります。

 

健康な人でも加齢とともに血管が硬くなるため血流が悪くなり、血圧が上がります。

 

降圧剤を使用し抑圧を下げ続けますと、脳に血液が行きにくくなり、認知症のリスクが高まるとも言われています。

 

血圧が低ければよいというものでほなく、その人に合った血圧であればよいのです。

 

抗生物質は、細菌が原因の感染に効果まりますが、さまざま副作用があり、健康維持に必要不可欠な善玉菌を殺してしまい腸内フローうを悪くしてしまいます。

 

不必要に抗生物質を摂りつづけることにより、抗生物質が効かなくなり、本当に抗生物質が必要な時に効果が出なくなってしまうのです。

 

抗がん剤で一時がんが縮んでもまた大きり、正常細胞も失うので延命できません。

 

薬の9割は、副作用が必ずあり、薬を飲み続けれは、自然治癒力を弱らせて行きます。

 

薬は、必要な時もありますが、食生活の改善や運動などで、薬を飲まなくてよい身体づくりをすることが先決です。

 

自分に薬が本当に必要か今一度考えたいものです。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館