100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

コロナ再感染が世界で相次ぐ

新型コロナウイルスの猛威は止まらず、米ジョンズ・ホプキンズ大の集計では、世界の感染確認者数は4千万人に追っています。

 

うち約2700方人の回復が公表されたが、再感決症例が相次いでいることで、感染が治まるのが見通せなくなってきています。

 

再感染者の多い欧州は、現在、感染 「第2波」のまっただ中です。

 

ベルギーでは新規感染者が9月に激増し、今月激増し8日には全てのカフ一ェやバー再び閉店す る事態になっています。

 

都市封鎖で成功したオランダも大都市の若い世代を中心に感染が急増し、今月、部分的 に都市封鎖が決まっています。

 

感染者と死者が最も多く、いずれも世界の2割を占める米国でも再感染者が発生しています。

 

新規感染者は連日5万人以上増えており、累計で800万人を超えています。

 

約15万人が感染した南米エクアドルは、死亡卒が約8%と極めて高く、遺体安置所や葬儀所の対応能力を超えています。

 

免疫低下なら重症化のおそれ

 

新型コロナウイルス感染から回復後、ふた荼毘感染するのが世界で相次いでいます。

 

ウイルス遺伝子の異変例もあり、別種のウイルスで重症化することもあり、変異種が増えれはワクチンのの効果も及ばなくなります。

 

免疫が低下していれば悪化の懸念があり、健康維持や感染対策の徹底を叫ばれています。

 

免疫力は、乳幼児時期は低く、成長するにつれて高まり、20 歳前後にピークを迎えますが、それを過ぎると加齢とともに徐々に低下し、40代で50 %、70代では10%まで低下することもあります。

 

子供や高齢の方は、免疫力が弱いためウイルスに感染しやすく、糖尿病や抗がん剤を使用している人も免疫力か低下しているため、普通感染しない菌でも感染します。

 

新型コロナウイルスの予防対策には、免疫力を高めることが一番で、もし感染しても、免疫力が高ければ、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館