100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

生活習慣病や癌になる原因は

私たちの体は、70兆個の膨大な細胞からできていて、その細胞ひとつひとつは、何らかな栄養素によってつくられています。

それぞれの細胞が必要とする栄養素があり、満たされていれば健康に過ごすことができますが 、細胞の栄養不足になりますと、体調不調になります。

細胞は生体の最小単位と考えられがちですが、1つの細胞は、さらに小さな独自の機能をもった部品がたくさん集まって構成され、細胞の大きさは様々ですが、いずれも非常に小く肉眼で見ることはできません。

 

例えば、血球・筋肉細胞・皮膚細胞・神経細胞・腺細胞のような種類の細胞があります。

 

細胞には、血液中を自由に移動する血球のように互いに結合しないものもあれば、臓器や筋肉細胞のように互いにしっかり結合するものもあります。

 

皮膚細胞のようにすばやく分裂と再生を行う細胞もあれば、神経細胞のように異常な状況下でなければ分裂も再生も行わない細胞もあります。

 

腺細胞をはじめとする一部の細胞は、ホルモンや酵素などの複雑な物質をつくり出すのが主な機能です。

 

乳房には母乳をつくる細胞、膵臓にはインスリンをつくる細胞、肺粘膜には粘液をつくる細胞、口腔には唾液をつくる細胞があります。

 

物質の生産とは関係のない機能をもつ細胞もあります。

 

筋細胞は収縮することで動作を可能にします。

 

神経細胞はインパルス(電気信号)の発生と伝導を担い、脳と脊髄の中枢神経系と、それ以外の体の部分との情報伝達を可能にします。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館