100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

病気は、治癒力を高めて治すもの

体温が1度下がると 免疫力が37%落ち、代謝は12%落ち、体温が平熱より1度上がると免疫力は5倍に上がります。

 

風邪を引きますと体温が上がるのは、病気をする治そうとする免疫力か働いているから体温が上がるんです。

 

がん細胞は、35度で一番増殖し、39.3度になると死にます。

 

がんが増えているのは、体温が低 下したからです。

 

その証拠として、高い温度を有する心臓や脾臓にはがんは発生しなくて、中が管になっていて冷えやすい臓器(食道・胃・肺・大腸・卵巣・ 子宮等)に発生します。

 

身体が冷えると血流が悪くなり、いわゆる「瘀血(おけつ)」状態になりやすくなります。

 

瘀血(おけつ)」は「汚血」となり、万病の元になります。

 

日本人に低体温の方が増えているのは、身体を動かさなくなったことです。

 

高度成長期以降、車や家電製品の普及で身体を動かさなくなりました。

 

人の体温の4割以上は筋肉で生まれますので、動かないと冷えるのが当然です。

 

そして、筋肉の7割以上が腰から下にありますので、歩くことの重要性がご理解いただけると思います。

 

水についても、身体が要求しているのならともかく、習慣的に年中冷たい清涼飲料水を飲んでいるのが現状です。

 

冷たいだけでなく甘いので益々身体を冷やすのです。

 

この他にも夏はクーラーで、冬は薄着で冷え、年中ビール、アイス、生野菜、バナナ、パイナップルと身体を冷やし、食べ過ぎ、ストレス、薬の乱用、睡眠不足とこれまた身体を冷やすのに事欠かないのが今日の食生活です。

 

ほとんどの病気は薬では治せない!

 

病気は、自然回復力を高めて治すもの!

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館