100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

傷付いた血管を修復するFK-23菌

FK-23菌を摂取することで、血管や腸内環境が改善されて健康が蘇る

FK-23を摂取したプロテサン牛の小腸

人間の腸も健康的な淡いピンク色に、腸内環境が改善されます。

その結果、人間も動物も免疫がアップして、大腸がん、アトピーなど、さまざまな症状が改善されます。

 

デーリー社では、牛にFK-23を与えた飼育され、プロテサン牛の焼肉・すき焼き・しゃぶいゃぶの店を運営され、そこでプロテサン牛肉を提供されています。

 

プロテサン牛と一般的な和牛の腸の色が違のは、一般の和牛は、出荷する前に、高カロリ―食を与えて、人間で言えば、メタボ状態にするのです。

 

メタボ状態は、人間にとっても牛にとっても不健康な状態です。

 

プロテサン牛は、出荷する前に一般的な和牛と同じで高カロリーの餌を与えて太らせますが、出荷半年前からFK-23の乳酸菌を与えた飼育します。

 

その結果、高カロリーの餌を与えても、腸内環境が悪化しなく、健康な牛となります。

もちろん、お肉も小腸も美味しいことは言うまでもありません。

 

人の場合は、ストレス・加齢・食生活の乱れでが原因で、腸内環境が崩れと、腸がうっ血して黒くなります。

 

こうなると腸の消化吸収が悪くなり、不健康になります。

 

ところが、FK-23を摂取すれば、腸内環境が整い、腸も血管の色も奇麗で若々しくなり、免疫力も治癒力も高まります。

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館