100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

若ハゲは生殖器の衰え

髪は、東洋医学では「余血」と言われ、血液やホルモンなどの体液の総称になります。

 

栄養を身体各部に届け、体内を調整し、老廃物や毒素を排泄させるのが「血」の働きです。

 

髪は「血」の一部と言われ、血液に余裕があるほど豊富な状態が「余血」です。

 

髪がフサフサしてがある人は、血液の流れがよく、生命活動が活発であることを意味します。

 

反対に、髪が薄くなったり、細い人は、精力が衰え、血流が悪く、栄養が髪に行き届けてなくなっている状態です。

 

 

髪の健康には、血液をつくる食べものを摂ることかたてせつです。

 

髪によい食べものは、イワシ・アンコウ・ウナギ・イカ・カキ・ハモ・サバ・フレヒレ・サザエなどです。

 

野菜や果物であれば、黒ゴマ・黒豆・キクラゲ・里芋・山芋・ニラ・ニンニクなどがよいでしょう。

 

ネバネバ食べもの、精が付くといわれています。

 

山芋・納豆・メカブ・オクラ・モロヘイヤなどです。

 

「血」よい食べもの

レバー、卵・うなぎ・貝類・ゴマ・ぶどう・プルーンなどがよいと言われています。

 

好きなものを覚えておいて、毎日の食生活に取り入れてください。

 

食べものだけでなく、細胞小器官を生体エネルギー的に刺激を与えてササポートしてあげますと、髪の悩みが解消できます。

 

自律神経の整え方 – KYOTO 健康村