100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

汚血が背中に詰まっていませんか

汚血は、背中が一番先にたまる場所で、背中のふくらんでいるところに汚血がたまっており、いわば背中が毒素のタンクのような状態になってしまいます。

 

両肩を後ろ引けない、肩甲骨の形が見えにくいなどの状態になれば、そうとうな量の汚血がたまっていると言えます。

 

肩こり、肩甲骨の違和感や痛みがある方は、要注意です。

 

全身のむくみ、色素沈着は、警告サインで、全て異物によるものです。

 

汚血がたまると、できものができたり、内臓の炎症などを起こします。

 

合わない薬を摂り過ぎると、拒否反応で、にかゆみが起きます。

 

異物、とくに化学薬品、プラスチックが骨に人ると骨髄がんの発生原因になります

 

牛や豚、鶏の肝臓や腸など内臓に化学物質がたまりやすく、さまざまなものが蓄積されているため、こういったものを食べると、負の食物連鎖が起きてしまいます。

 

最近はマイクロプラスチックによる海洋汚染が問題になっており、エサと間違えてマイクロプラスチックを食べた魚を人間が食べて、人の体内にもマイクロプラスチックが蓄積するという報道もされています。このように私たちは食事を通して、日々「異物」を体内に取り入れています。

 

また水道水にも消毒用の塩素が含まれ、空気にもさまざまな汚染物質が含まれています。

最近は環境ホルモンも、大きな問題となっています。

 

手術を受ければ縫合のために石油製品である合成繊維が使用され、体内にポリプロピレンなど、なんらかのプラスチック製品を使う可能性もあり、時間が経てば、溶けて全身にちらばって行きます。

 

このように、体内にはさまざまな異物、つまり毒素が入っています。

 

これらは徐々に体内で蓄積され、しだいに毒素として体をむしばんでいきます。

 

現代社会を生きている以上、毒素となるものをすべてシャットアウトして暮らすことがむずかしいのも事実です。

 

現代人は、ストレスにさらされて生きています。

 

それらが蓄積した結果、慢性疾患やアレルギー性疾患、がんなど、さまざまな病気に悩まされることになります。

 

少々の毒素なら、自然治癒力で排出することも可能でが、長期間にわたって、大量の毒素がたまってしまうと、汚血、毒血となり病気の原因となります。

 

病気の原因を取り除かなければ悪化して行き、健康になれません。

 

悪影響を及ぼす汚血、毒血を取り除けば、自然治癒力は高くなります。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館