100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

女性に多い低体温に要注意!

日本人の平熱は約 36.6度~37.2度ぐらい  あなたの体温(平熱)は何度ですか?

 

近年、女性を中心に増えつつあるのが「低体温」です。

 

新型コロナウイルスの影響で「体温を測るのが日課になった」という人が増え、それに伴い、自分が「低体温」だと知る人も少なくないようです。

 

早朝は低く、夕方に高くなる傾向にあり、加えて運動や時間、気温、睡眠、生理周期、感情の変化などでも体温は変動します。  

 

新型コロナウイルス感染症対応の検温では目安は「37.5度」となっています。

 

なぜかといえば、感染症法では37.5度以上を「発熱」、38.0度以上を「高熱」と分類しているからだと思います。

 

検温で体温が低ければいいと思われがちですが、当然限度はあります。

 

高熱だけでなく、注意したいの は 36度以下の「低体温」です。

 

自覚症状がなく、ストレスでもなる「低体温」  昨今、女性を中心に子どもや男性にも36度以下の低体温の人が増えつつあります。

 

冷え症などと違い、低体温は自覚症状がほとんどありません。

 

体温計で測らないと気づかない人も多いのですが、新型コロナウイルスの感染流行で検温する機会が増え、低体温だと分かるケースも増えています。

 

 低体温になる原因はさまざまです。

 

冷暖房が完備した部屋にいると、夏は涼しく、冬は温かい環境下にあります。

 

そんな中にずっといると、体温の調節機能が弱まります。

 

体は本来、体温の変化に反応し、通常の体温を保とうとする働きがありますが、その働きがうまくいかず、熱の損失に対して熱の産生が間に合わないような状況になると低体温が起こるといわれています。

 

また、きつめの下着を長時間つけていたり、運動不足での筋肉量の低下が原因だったりもします。過度のストレスが、行不良を引き起こしたり、ホルモンバランスや自律神経の乱れからも起こります。

 

朝食抜き、食べ過ぎなどの乱れた食習慣も低体温になりやすいといわれています。

 

それに、睡眠不足や疲労、栄養不足などでも急激に体温が低くなる場合があります。

 

低体温になると免疫も低下して、新型コロナや風邪などにもかかりやすくなるので、要注意です。

 

直腸温35度以下の「低体温症」ちなみに、低体温が進むと、体温が下がり過ぎて身体の機能が保てず、さまざまな症状を引き起こす「低体温症」を発症するようになります。

 

低体温症は、深部体温として直腸の温度を測りますが、直腸温が35度を下回れば、低体温症と診断されます。

 

体温が35度~32度ぐらいになれば、身震いがひどくなり、さらに進めば意識がもうろうとして来ます。 

 

 

低体温を改善するには

 

冷えや病気の多くは、脳(心)が大きく関わり、精神的バランス、各臓器とのバランス、生命バランスなど乱れが起きています。

 

健康なプログラムを取り込むことで、若さと健康な体質が蘇ります。

 

144.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムから、あなたを調整します。

 

詳しいことは

100歳まで健康で長生きする情報館