100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

恒常性維持機能を高める

人生は、「荒波にもまれる」というように、よく航海にたとえられます。そこで、人生と同じように体の変化も海で進む船にたとえてみましょう。

 

船は波を蹴って進み、波がくると揺れます。

 

しかし、船は平衡を保つ力(復元力)を待っているため、簡単には転覆・沈没はしません。

 

その船を私たちの体にたとえてみましょう。

 

 

病気にかかったとき、健康な状態に戻ろうとする船の復元力のような機能 (恒常性維持機能)が働きます。

 

恒常性維持機能が充分に保たれている間は病気になりにくいのです。

 

船は年月が経つと老朽化します。

 

そして、船内の荷崩れや、表面のヒビにより、復元力が弱くなると傾いてしまいます。

 

そのときに大きな波がくると、沈没してしまうかもしれません。

 

また、ヒビを修復せずほうっておくと広がっていき、これも沈没する原因となります。

 

この状態を私たちの身体にあてはめると、波はストレスを表し、船内の荷崩れは、暴飲暴食や夜更かしなど、生活乱れとなります。

 

若いときには多少の無茶をしても影響はありませんが、年をとるに従い、徐々に恒常性維持機能が弱まり、無理がきかなくなります。

 

老朽化した船は復元力;,弱まっているため、船内の荷崩れがすぐに船の傾きにつながるのと同様です。

 

また、船のヒビは生活習慣病や老人病といわれる、緩やかに進行する病気に相当し、早めに修復 (治療)すれば、健康な状態に戻るか、進行が抑えられますが、放置しておくと最後には、修復不可能なほどの亀裂となり、沈没してまいます。

 

そうならないためにも、船が老朽化する速度を遅くし、回復力め低下を防ぐ=恒常性維持機能を高め病気にならないようにする「予防医学」と船にできたヒビを早めに修復する= 病気治療する「治療医学」をうまくつかいわけることが重要です。

恒常性維持機能を後押しをして、

自律神経のバランスを整え=免疫機能を正常に保つHeaIy

Healyの使用方法はとっても簡単  アプリをダウンロード – 同期 – 開始

カラダの臓器や器官など全てが自律神経支配されていますから、薬やサプリでだけでは、健康をサポート仕切れないのです。

 

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムから、あなたのカラダを調整してくれます。

 

100歳まで健康で長生きする情報館