100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

自律神経の機能を上げれば、自然治癒力が高まる

人間の臓器や器官は、様々な周波数とそれぞれにプログラムがあって、役割を果たしていますが、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波によって、周波数が弱くなったり、電流の流れが悪くなり、それが病気になって現れるようになります。

針・灸、気功で今の神経伝達を刺激したりすることはできますが、自分自身からの神経エネルギーを強くしたり、流れを正したりすることはできません。

 

整体で揉んだり引っぱりすることで、神経エネルギーの流れを悪くすることも起きて来ます。

 

この今の世の中を生きていれば、生体電流・自律神経が乱れる原因から避けることが難しいと考えます。

 

生体電流・自律神経が乱れは、下記のことが原因になります。

  • 食生活の乱れや運動不足
  • パソコンやスマートフォン・携帯電話などの電磁波
  • 加齢
  • ストレス
  • 疲労・睡眠不足

どんなに気をつけて生活をしてたとしても、自然とストレスはかかります。

 

加齢よっても生体電流は衰え始め、様々な損傷を自ら回復する自然治癒力を低下させてしまいます。

生体電流が慢性的に滞ると、体調不良はさらに悪化し、先ほどにあげた不調の他にガンの発病のリスクも高くなり、老化現象の原因になります。

 

生体電流というものは、健康面や美容ですごく大事なポイントになります!

 

生体電流の流れを良くするには、全身の血流を良くし自律神経のバランスを整えることが大切で、全身の臓器や体をコントロールしている自律神経の活動が活発化することこで、生体電流が円滑に流れるようになります。

 

生体電流は、加齢と共に弱まって行きますから、外から補ってあげれば、元気になります。

 

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムから、あなたのカラダを調整してくれます。

 

個別に設定した周波数を使用して、身体の特定の位置に刺激を与えてくれ、選択した周波数プログラムを定期的に使用することで、細胞膜の張力を自然なレベルに回復してくれます。

 

自律神経の機能が上がれば、自然治癒力を高め、改善へ導くことが可能です。

 

家事をしながら、通勤時、睡眠中、仕事中でも健康づくができます。

100歳まで健康で長生きする情報館