100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

生体エネルギーの再生健康法

人間の脳には、カラダの機能をコントロールする司令室があり、そこから脳脊髄神経を通路として様々な命令が電気的なエネルギー、すなわち神経エネルギーとして送られ、身体の末端まで伝達されることで、人は自由に身体を動かし、自由な発想で様々な考えや芸術を生み出し、健康でいることが出来ています。

 

しかし、加齢やストレス、食生活、携帯電話や電気製品の電磁波によって、周波数が弱くなったり、流れが悪くなり、カラダにさまざまな支障が現れるようになります。

 

自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、みなさんの意思とは関係なく24時間働き続けています。

 

昼間や活動しているときに活発になる「交感神経」と、夜間やリラックスしているときに活発になる「副交感神経」の2種類があります。

 

2種類の神経がどう作用するかによって、心や体の調子は変わります。

 

交感神経が強く働くと、血圧が上がり、瞳孔が拡大して、心と体が興奮状態になります。

 

一方、副交感神経が優位に働けば、血圧が下がり心拍数は減少。瞳孔が収縮し、心と体が休んでいる状態になります。

 

心と体の状態を活発にする交感神経と、心と体を休ませる副交感神経がうまくバランスを取りながら働いているおかげで、私たちの健康は保たれていますが、このバランスが崩れると心身に支障をきたします。

 

これが、自立神経の乱れた状態です。

 

人間関係の悩みや仕事でのプレッシャーによる精神的なストレス、過労による肉体疲労の他、昼夜が逆転したような不規則な生活などが、自立神経の乱れの原因になるといわれています。

 

自律神経失調症」は、自律神経の乱れから、不安や緊張感が高まり、吐き気や多汗、全身のだるさ、頭痛、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠など、さまざまな症状が見られる病気です。

 

これらの症状は人によって大きく異なり、自律神経がバランスを崩すと、臓器にも悪影響を及ぼします。

 

胃酸が過剰に分泌され、胃の痛みや胸やけを感じる「神経性胃炎」、腸のぜん動運動に異常が生じて腹痛を伴う下痢や便秘が起こる「過敏性腸症候群」がこれに当たります。

また、突然浅く速い呼吸を繰り返す「過呼吸症候群」になると、息苦しさの他、めまいや手足のしびれが現れます。

 

病気が治りにくいのは、「心」が大きく関わっているからです。

 

私たちが生活する上で、やっかいな人間関係やこなさなければならない仕事からくるさまざまなストレスは避けては通れません。

 

これからは、料理や仕事、勉強しながらでも、健康づくりが可能となります。

 

1440.000通りの周波数で、肺や腸などの臓器・デトックス・電磁波・チャクラ・睡眠・精神・美容(肌・髪)・腰・骨格・学習・仕事・ストレス・生理・ホルモン・筋肉など120以上のプログラムから、あなたのカラダを調整してくれます。

  • 健康維持、生体エネルギーの再生
  • 心と体をバランスを整えるサポー
  • 生体エネルギー的に身体の内外の美しさをサポート
  • 生体エネルギーの流れを改善する
  • ラクゼーションを通じてくつろぎ、より深い眠り
  • ラクゼーションを通じてくつろぎ、より深い眠り

100歳まで健康で長生きする情報館