100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナ感染予防にビタミンC

世界中で猛威をふるっている新型コロナウイルスは、80%は軽症ですが、20%が肺炎を引き起こし致死的な間質性肺炎を引き起こす場合があると言われています。

 

カナダに本部のあるビタミン大量療法の国際的学会は、新型コロナウイルス感染予防のためビタミンCを1日3g以上服用することが提唱されています。

 

糖尿病の方は慢性高血糖のため免疫低下の状態であり、感染症に罹患、重症化しやすいと考えられています。

 

免疫力強化のためまずは食事、運動そして必要に応じた薬物療法により血糖コントロールをより厳格に良好にしなければなりません。

 

更に重要なことはビタミンCを補完するとよいとのことです。

 

糖尿病ではビタミンCの血中濃度低下や細胞内濃度の低下が起こっていることが指摘されており、糖尿病の病態の一つはビタミンC欠乏であり糖尿病性血管合併症がいわゆる壊血病の病状と類似しているとする研究があります。

 

また壊血病が免疫低下を引き起こすことも知られています。

 

糖尿病の方は潜在的ビタミンC欠乏があると考えるべきなのです。

 

ビタミンCの抗ウイルス剤としての研究は長い歴史があります。

 

1949年には米国のFrederick Klennerによってポリオウイルスに対するビタミンC大量療法の有効性が報告されています。

 

その後もウイルス性肺炎、インフルエンザ、そして1970年Linus Paulingによる感冒ウイルスに対するビタミンCの有効性など多くのウイルス疾患への効果が報告されています。

 

ビタミンCの抗ウイルス剤としての機序は、インターフェロンの産生の促進、白血球貪食能の増強、抗体やTリンパ球産生の亢進などの免疫強化、直接的な抗ウイルス作用、免疫反応の結果産生される活性酸素除去作用の三つが考えられます。

 

ビタミンCは半減期が短いため、一日一回の服用では効果は期待できません。

 

最低でも一日三回服用することが重要です。

 

糖尿病の方はビタミンCをg単位で可能ならば一日3g以上を一日三回に分けて摂取することが新型コロナ感染予防だけでなく他の糖尿病合併症予防にもなると考えています。

 

ただしビタミンCは下痢を引き起こすことがありますからその時は一回量を減量する必要があります。

 

疫病の流行には必ず終わりがあると考え、ビタミンCを服用しながらこの試練を共に乗り越えていっていただきたいと念じています。

100歳まで健康で長生きする情報館