100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

親より子供が先に亡くなる時代に

今、子供たちはファーストフードを好み、簡単に調理できる加工食品、それによって多くの食品添加物を取り込むだけでなく、ビタミンやミネラルが欠乏した食事になっています。

パソコンゲームやインターネットによる睡眠不足と運動不足 そんな乱れた生活習慣。

 

若い人たちの健康がおかされ、アレルギーや精神障害、HP満症や糖尿病などの生酒習慣病が増えています。

 

このままでは、若者の寿命がどんどん短くなっていき、親が子供の介護をするような世の中になってしまうかも知れません。

 

今、沖縄県は、お年寄りは長生きで、若者は短命になっています。

 

沖縄料理は「長寿食」といわれ、多くの食材や食品を組み合わせることで、栄く摂取していました。

 

それが戦後、アメリカの統治となり、食生活に劇的な変化が起こりました。

 

イモや野菜が中心だった食生活が、肉の缶詰、ハンバーガーやコーラなど、アメリカ食に一気に広がりました。

 

その結果、親より子供が亡くなる不幸な現象が起こっているのです。

 

現在世界一の長寿を誇る日本ですが、食生活の欧米化はかつて沖縄がたどったのと同じ道です。

 

そう速くない将来、日本か長寿国をゆずる日がやってくるかもしれません。

 

今の子供たちは生まざまな有害物質を体内に蓄積しています。

 

それどころか、母親の胎内にいる間に分子量の微小な化学物質が胎盤を通過して入ってきてしまいます。

 

その結果、アトピーぜんそくにかかったり、肥満症や糖尿病などの生宿習になる子供が増えています。

 

また、キレル子供や引きこもりが増えているのも、添加物の多いファーストフードの食べすぎが原因だとする研究報告もあります。

 

文部科学省が2007年に、全国の公立小中学校の児童を対象に、アレルギーの実態調査が行われました。

 

それによると、「ぜんそく」が約37万人、「アトピー性皮膚炎」が約69万人、大豆、小麦など「食物アレルギー」が約33万人)という結果でした。

 

アレルギーは「アレルゲン」と呼ばれる原因物質に限度を超えて接した時に発症します。

 

親がアレルギーだとその子供は親のアレルゲンを受け継ぎ、より少量のアレルゲンでも発症しやすくなるのです。

 

キレル子供、引きこもりも増えています。

 

ファーストフードと一緒に飲むこ料水を飲みすぎると、上昇した血糖値を下げる為に膵臓から大量のインスリンが分泌されますと、今度はインスりンが効きすぎて逆に低血糖になってしまいます。

 

低血糖は、脳にとって非常に危険なf態なので、血糖を上げるために副腎から大量のアドレナリンが放出されます。

 

アドレナリンは、怒りを発生させるホルモンですから、ささいなことでキしてしまうことになります。

 

脳に水銀などの有害物質が沈着すると、キレやすい、社会性のない子供になりやすいです。

子供の自閉症発達障害が増えています。

 

体内にたまった水銀が原因ともいわれ、水銀を体外に出せば改善されます。

 

アトピー性皮膚炎が増えている原因は、合成化学物質や食品添加物です。

 

それらがからだの中にたまっていくとアレルギーを起こしやすくなるのです。

 

次の時代を担う子供の為に、有害な化学物質から守ってあげるのは、親や社会の責任といえるでしょう。

 

100歳まで健康で長生きする情報館