100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

糖尿病を改善するだけでなく毛髪力が 蘇るシリカ

毛髪力を蘇りさせるには、食べ物、飲み物がとくに重要で、ただ、食物や飲み物にこだわったところで、腸が元気でなければ吸収率が落ちてしまいます。

腸内環境を整え、食べ物や飲み物に気を配っていくと、毛髪力を高められます。

そのことを前提として、飲み水から考えていきましょう。

シリカは、私たちの体を構成する細胞の胞膜にあり、強度を保つ働きをし、血管の弾力性を保つ作用もあります。

髪の育成には、毛細血管が丈夫で、活動的に働くことが不可欠で、毎日、シリカ水を飲んでいると、血管の弾力性が高まり、血管年齢を若返らせることができます。

シリカは、体内のコラーゲンの生成を助ける働きがあり、皮膚を形成する大事なたんぱく質で、その量が皮膚の状態を左右します。

40 歳を過ぎたころから、肌のハリや弾力、シワなどが目立ち始めるのは、コラーゲンが急激に減りはじめたからです。

頭皮も皮膚の一部で、なんの対策も講じないと、頭皮のコラーゲンも減ってしまうことになります。

そうなると、頭皮は柔軟性や弾力性を失い、毛母細胞を育てる力をなくしてしまいます。

最近の研究では、コラーゲンの摂取が髪のモを太くするという言われています。

ただし、コラーゲンはサプリメントやドリンクなどで摂取するよりも、体内にて生成する方が大事です。

コラーゲンはたんぱく質の一種で、アミノ酸という最小分子によって形成されています。

口から摂取したコラーゲンは、腸にてアミノ酸に分解されでから体内に吸収され、必要な部位に届げられて、だんばく質とし再形成されます。

つまり、口からとったコラーゲンがそのまま頭皮や皮膚に働くわけではないので、体内のコラーゲシの生成力を高めるには、シリカが欠かせないのです。

シリカは、体内で生成できないばかりか、成人で1日あたり10~40mg消耗されています。

毛髪力が蘇りさせるためには、シリカ水を補う必要があります。

糖尿病による合併症を健康な状態に戻すライスシリカ – KYOTO 健康村