100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

前立腺がんを防ぐ大豆

大豆は、古くから日本で親しまれてきた食材のひとつで、大豆の一粒には、タンパク質をはじめ、脂質、糖質、ビタミンB1、ビタミンE、葉酸カリウムマグネシウム、カルシウム、リン、鉄、亜鉛、銅など、栄養素の種類がとても豊富、ビタミンやミネラルの含有量が多いのも特徴のひとつです。

 

大豆にはコレステロールが全く含まれていません。

 

大豆が持つ栄養のなかでも注目したいのは、やはりタンパク質です。

 

国産大豆(乾燥)は、100g中に33.8gものタンパク質を含んでいます。

 

タンパク質は、私たちの臓器や筋肉、皮ふ、髪、血液などを構成するうえで欠かせない成分で、肉に匹敵するほど豊富なタンパク質を含む大豆は「畑の肉」という別名も持っています。

 

タンパク質と一口にいっても、肉などに含まれるタンパク質と大豆などに含まれるタンパク質には違いがあります。

 

大豆のタンパク質は肉のタンパク質に比べて低カロリー。

 

大豆と同量のタンパク質を肉から摂取すると、余分な脂質も同時に摂取しやすくなります。

 

体内での合成が難しい必須アミノ酸をバランスよく含んで、消化吸収率が大変よい。

大豆は、良質なタンパク源であることです。

 

タンパク質が不足すると、体内にすでにあるタンパク質が分解されて使われるため、体力が落ちたり、血管が弱くなったり、子どもの場合は体の成長に影響を与えたりする可能性も考えられます。

 

毎日適度なタンパク質を摂取することは、健康を維持するうえでとても大切なことなのです。

 

タンパク質とあわせて注目したいのが、大豆の機能性成分です。

 

細胞の構成に欠かせない「大豆レシチン」や、抗酸化作用を持つ「大豆サポニン」、善玉菌のエサとなる「オリゴ糖」、女性にうれしい働きが期待される「大豆イソフラボン」など、大豆には健康を支える成分が豊富に含まれています。

 

なかでも関心を集めているのが、大豆イソフラボンの健康作用です。

 

40歳を過ぎた女性では、女性ホルモンのエストロゲンが大きく減少してさまざまな不調が現れますが、大豆イソフラボンがそうした女性の健康をサポートする可能性があると考えられています。

 

日本は、世界でも大豆をよく食べる国として知られています。

 

日本の食生活に古くから馴染んできた大豆は、もやしや枝豆のかたちで食べられるほか、豆腐や納豆、味噌、しょうゆ、油揚げなどさまざまな食品に加工され親しまれてきました。

 

ところが、食生活の欧米化による影響を受け、現代の日本人において豆類の摂取量が減っていることが指摘され、目標値を大きく下回っているのが現状です。

 

大豆に含まれるイソフラボンには、コレステロールを下げる効果がある。

イソフラボンは豆腐半丁に40mg、納豆1パックに36mg、豆乳1パックに48mg含まれています。

 

国立健康・栄養研究所の調査で、大豆イソフラボンを1日100mg、1~3ヵ月間摂取すると、血中総コレステロールと「悪玉コレステロール」とされているLDLコレステロールがそれぞれ平均3.9mg/dL、5.0mg/dL低下することが確認された。

大豆に含まれるイソフラボンは、乳がん前立腺がんを予防する

また、大豆を食べる人ほど、がんの発症が少なく、イソフラボンが予防効果をもつことを示した研究は多く発表されている。

 

国立がん研究センターが40~59歳の女性約2万人を対象とした調査で、大豆、豆腐、油揚、納豆を毎日食べる女性では、乳がんの発症率が2割減ることが明らかになった。

 

閉経後の女性に限ると、イソフラボンをたくさん食べれば食べるほど、乳がんなりにくい傾向がより強まった。

 

閉経後の女性でイソフラボン血中濃度が高いと、乳がんの発症が半数以下に減っていた。

他にも、大豆に含まれる脂肪酸リノール酸リノレン酸レシチンには、抗酸化作用(活性酸素を抑え、体の老化・酸化を防ぐ作用)があり、また豆腐などの苦味成分であるサポニンにも抗酸化作用があります。

中高年の男性にも大豆食品はお勧め

「植物エストロゲン」と聞くと、「イソフラボンが女性の健康に効果的なのは知っているが、男性ではどうなのか」という疑問を感じる人も多いだろう。

 

国立がん研究センターの調査が約4万3.000人を対象とした調査では、大豆をよく食べている61歳以上の男性では、摂取量がもっとも多いグループで、もっとも少ないグループと比べ、前立腺がんの発症が半分に減るという結果が出ています。

 

男性の前立腺では、治療の必要がない微少ながんが加齢と共に増加することが知られている。

 

日本人でもがんに進行して臨床的に発見される例が増えているが、欧米人に比べると少ない。

 

「大豆を日常的に食べる」食生活が定着しているからではないかと指摘されている。

前立腺がんは、男性ホルモンの働きが影響し発症するがんだが、女性ホルモンに似た作用をもつイソフラボンをとっていると、男性ホルモンの過剰な働きを抑え、前立腺がんができにくく、できても進行が抑制されると考えられている。

 

大豆を食べると体重を減らせリバウンドも抑えられる

 

大豆は代表的な低GIの食品で、ゆっくりと消化されるので血糖値を上げにくい。

 

また、体に良い植物性タンパク質と脂肪酸を含み、悪玉コレステロールを減らすというメリットもある。

 

100歳まで健康で長生きする情報館