100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナで死ぬかと思った

体験者の話

最初は気づかないくらいの地味なものだったのが、そのうち階段を上るだけで老人のように息切れするようになった。

それから間もなく、運動ができなくなり、まったく動けなくなった。

新型ウイルスが肺を攻撃しているのに、反撃できなくなって病院に搬送された。

病院では、いろいろな検査がされ、サンプルが取られた。

医師は私が新型ウイルスに感染しているとみて酸素の量を上げてくれました

何時間か、ぎりぎりの瀬戸際が続いて、自分でも『これでおしまいか』と思ったけど、生きたかった。

自分の肺の中で戦いが繰り広げられているのが、実感できました。

勝ち抜くために体力を全部使った。

酸素を余分にくれたおかげで肺に余裕が生まれて、病気を追い出すための追加のエネルギーを私にくれた。

できることといえば、ウイルスと戦うのを手伝うくらいしかありません。

ワクチンや魔法の治療薬はありません。

ひとりひとりの体力、抵抗力にかかっています。

新型コロナウイルスに感染しても、免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

プロテサンは、免疫力を高める乳酸菌で、安全で副作用く、万病の予防・改善にお勧めします。

チサフェルナは、ニチニチ製薬と北海道大学との共同研究によって、ウイルス感染防御剤の特許を取得した食品で、炎症を抑制し、重症化を防ぐことができ、妊婦の方も安心して食べて頂けます。

肺炎で亡くなる人は日本国内だけでも年間10万人を超え、交通事故の死者数を上回ります。

インフルエンザやSARS、さらに新型ウイルスなど、肺炎罹患のリスクはますます高まっています。

抗ウイルス薬がなかったり、あっても耐性ウイルスの出現が問題になる中、予防や自身の免疫力による回復が重要と考えられています。

インフルエンザなどのウイルスが肺に入ると、肺の上皮細胞が破壊されます。そのまま放置すると肺炎となり肺胞が死滅して肺機能が衰え、呼吸ができなくなって死に至ります。

しかし、LFKを摂取することで、肺胞が破壊されることを抑えて肺胞が死滅するのを防ぎ、さらに肺胞上皮細胞が死滅して肺胞が少なくなっても新しい肺胞上皮細胞の増殖が促されることが確認できました。

これにより、肺の炎症が抑制されるため、ウイルス性肺炎にかかっても重篤な症状は避けられる可能性が高くなります。

FK-23菌は、免疫力や治癒力を高めることによって、11件の特許で証明しています。

FK-23菌

最近の研究では、この腸内フローラがおなかの調子だけでなく、メタボリックシンドロームや生活習慣病、更には免疫といった全身の健康とも関わっていることが明らかになってきています。

100歳まで健康で長生きする情報館