100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

太る菌を増やしていませんか

内臓脂肪を効率よく落とすには、体を「よりやせやすい状態」にして、体内の脂肪が減っていく「いい流れ」をつくっていく必要があります。

 

そのための重要なカギとなるのが「陽」です、腸内には、100兆個以上の腸内細菌が棲んでいます。

 

どんなタイフの腸内細菌が多いかで太りやすいかやせやすいかが決まってくるのです。

 

ダイエットを行なって体重を減らしたところ、肥満に関係する腸内細菌(デブ菌)が減って、やせに関する腸内細菌()ヤセ菌)が増えたことも明らかになっています。

 

つまり、腸内にデフ菌が多い人はより太りやすくなり、腸内にヤセ菌が多い人はよりやせやすくなるというわけです。

 

腸内のデブ菌とヤセ菌とのバランスで太るか、やせるかが決まる。

 

腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つにに分けられ、ヤセ菌やデブ菌は日和見菌に属します。

 

日和見菌は腸内菌の中でももっとも数の多い菌で、その名と通りに、善玉菌が優勢な時には、善玉菌の見方となり、悪玉菌が優勢だときは悪玉菌に加担します。

 

腸内環境をよくするためには、日和見菌を善玉菌の見方にすることです。

 

日和見菌は多くの種があって、大別するとフィルミクテス門とバクテロイデス門の2つに分けられます。

 

フィルミクテス門は、善玉菌に加担しやすい性質を持ち、太った人の腸内に多く存在するデブ菌です。

 

バクテロイデス門は、善玉菌側について体によい働きをする日和見菌。

 

この菌はエネルギーの吸収の効率が悪く、スリムな人や多く食べても太らない人の腸内に多く棲んでいるヤセ菌です。

 

日々の食事でどんなものを食べているかが、腸内にデブ菌が多いかヤセ菌が多いかで決まっています。

 

プロテサンは、善玉菌を増やしヤセ菌とデブ菌のバランスを整える濃縮乳酸菌です。

 

100歳まで健康で長生きする情報館