100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナの原因は

新型コロナウィルスに関しては様々識者が様々に見解がなされ、新型肺炎の本当の原因は、コロウィルス菌ではないとと題した大変異深い投稿をされていますのでご紹介ます。

 

直接の病原体は、新型コロナィルス菌ではありますが、実は本当の原因は別にあるとのこと。

 

その背景には過食と食べ過と運動不足にあると指摘されています。


その代表的な例として、古代ローマ帝国では何度となく疫病やペストなどに苦しめられ、最悪時には一日に5千人からl方人の死者が出たそうです。

 

彼らの食生活はというと、食べるために吐き、吐くために食べていると喝破しているがごとく、宴会により満腹であっても鳥の羽で咽をくすぐって吐き、また次の2つ3つの宴会に向かったという生活だそうです。


米国ミネソタ大学のマレイ博土の論文にも、エチオピア遊牧民に飢餓飢の時、食糧の供給が行なわれると、マラリアなどの感染症が突然起こった例、中世イギリスにおける痘瘡は貧しい人々より金持ちの人々をより苦しめた例、第一次世界大戦中に発生したインフルエンザにおいては、充分な栄養が行きわたっている人々に最大の死亡者があったことを紹介されています。

 

これらの事実を基に、栄養過多がさまざまな感染症を誘発すると結論付けされています。

 

今回の新型コロナウイルスの発生源は中国で、中国も急激な経済発展で、飽食や美食が原因にあるると指摘されています。

 

20世紀の米国のガン・心臓病の激増もまた「食べ過ぎ・運動不足」が原因で、このままでは「米国が亡びる」との危惧から有名な「マクガバン報告」に繋がり、現在ではかなりの低下傾向を見せています。


我国では、戦後患激な「食の欧米化」によって「食べ過ぎ、運動不足の蔓延とともに、ガン,心臓病などの生活習慣病が激増し、国民の医療費がなんと50兆円。約4割が税金とすれば毎年20兆円の税金が支払われていることに。

 

しかもこれが毎年I兆円ずつ増えているのです。

 

今こそ私たちはコロナの渦の苦労の中から本質を学び、食を見直しないと、コロナの苦労が報われません。

 

100歳まで健康で長生きする情報館