100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

人生100年時代をコラーゲンパワーで元気に

コラーゲンは、身体の土台を作る大事な成分で、関節のスムーズな動きに必要なのがコラーゲンです。

女性は変形性膝関節症のリスクが高いため注意が必要な栄養素です。

毛細血管

関節の役割

人には様々な動きがあり、立つ、起きるなどのバランスをとる動き。

歩く、のぼるなどの移動する動き。

持つ、運ぶなどの操作する動き,これらができるのは骨で身体が支えられているためです。

骨と骨の間にあるのが関節。

手足が自由に動かせるのは、関節が滑らかに動くからです。

関節の構造

関節は骨と骨が直接ぶつからないように、関節軟骨というクッショのようなもので覆われています。

関節軟骨によって衝撃が吸収され、滑らかな動きが可能にします。

コラーゲンの働き

節軟骨の約50%はコラーゲンで、コラーゲンは老化したり、コラーゲンの代謝が悪くしたりすると、軟骨が固くなって擦り減り、骨と骨が直接ぶつかるようになります,

軟骨下骨は負荷がかかりやすいため、変形することもあります。

その結果、関節痛が起こります。

コラーゲンにはクッションの役刮をする軟骨細胞の変形を防ぐ働きや、コラーゲンが持つ代謝促進作用により、軟骨下骨の変形を予防する働きがあります。

変形性膝関節症とコラーゲンの関わり

膝が痛くなったら病院に行き、レントゲンを撮り、まずは痛み止め、シップ、ヒアルロン酸注射、電
気治療、マッサージなどを行なうのではないでしょうか。

それでも良くならない時は、手術し、人工関節を入れます。

その後はリハビリ。とても大変ですね。

膝の痛みや症状はコラーゲンで改善できる可能性があります。

関節痛の原因

関節痛は原因によって大きく2つに分けられます。

加齢とともに軟骨が擦り減って痛みが生じる変形性関節症と、免疫の異常が関係する自己免疫疾患の関節リウマチです。

また、運動のし過ぎによる関節疾患として、関節に炎症が起こり、痛みが生じることもあります。

変形性膝関節症

高齢化社会の進展とともに増えているのが、変形性膝関節症です。

関節の構成成分である軟骨が擦り減り、関節の形態が変形してしまう病気です。

変形性膝関節症になりやすい人は高齢者以外にも、肥満体型の人、姿勢が悪い人、運動不足の人などです。

特に高齢者では女性に多いという特徴があります。

女性がなりやすい理由は、女性ホルモンの一種エストロゲンの減少や、女性は男性に比べてクッショ
ンになる筋肉量が少ないことなどが一因だとされています。

コラーゲンによる改善

変形性膝関節症の被験者30名30歳~65歳の方に、13週間コラーゲンを摂取して頂き、15日
ごとに評価した結果、関節痛の状態と痛みが改善されたという研究成果が発表されています。

コラーゲンは、筋肉にも大きく関わっています

関節を動かすには、筋肉を使いますが、関節が痛むために動かさずにいると、筋カが低下してさらに
動かしにくくなるという悪循環が起こります。

コラーゲンは筋肉量の減少を抑えてくれます。

100歳まで健康で長生きする情報館