100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

免疫力を高め, 毒素を排出する「コラーゲンショウガ湯」の作り方

便秘や冷え症、肥満、肩こりや腰痛、肌荒れ、疲労感といった悩みを抱えていませんか。これらの原因は、すべて体内にたまった「毒素」です。

 

人間の体はうまくできていて、体に不必要な物質は、便や尿、汗などで体外に排出するようにできています。

毛細血管

ところが、ちょっとしたきっかけで、排出のシステムがうまくいかないと体内にたまって「毒素」になります。

 

また、私たちは、食べ物に含まれる残留農薬や食品添化物などの有害ミネラルの「毒素」も体にため込んでしまいます。

 

体内にたまった毒素は血液をドロドロにします。

 

そのため、血液の流れが悪くなり、全身に血液が回らなくなります。

 

これが、冷え症をはじめ、節々の痛みなど、多くの不快症状の原因になるのです。

 

さらには、血液と筋肉は密接に関係しています。

 

毒素の影響で循環の悪くなった血液が、筋肉をも萎縮させ、肩こりや腰痛などを引き起します。

 

よく体がかたいことを「体質」とか、肩こりを「歳のせい」という人がいますが、これはじつは体の循環機能が悪くなっているサインの可能性があります。

 

冷え症や肩こりなど、ちょっとした不快症状をほうっておくと、体にどんどん毒素がたまってしまうことになり、大きな病気になる危険性があるのです。

 

このように、「毒素」「血液の滞り」「筋肉のこり」は、体に害をもたらす毒素の三角形関係にあって、これらの3つは、互いに密接につながっているため、どこかひとつが悪くなるとすべて悪くなり、逆にどこかひとつを改善するとすべてよい循環へと変わってくるのです。

 

便秘になると腹部が膨れて、不快感や肌荒れ、むくみなどになりますか、これは、本来、便として排出される はずの毒素がたまってしまうことで、腸が毒素を吸いとってしまい、毒素が体じゅうに回り、結果的に肌に悪影響となって現れます。

 

肌だけでなく、便秘を放置しておきますと、大腸がんになる可能性か高まってきます。

 

免疫力を高め, 毒素を排出する「コラーゲンショウガ湯」の作り方

 

「コラーゲンショウガ湯」の材料は粉ゼラチン、黒砂糖、塩、ショウガの4つ。

これに南部鉄鍋で沸かしたお湯を注ぐだけで、コラーゲンショウガ湯」のでき上がりです。

 

ゼラチンは、コラーゲンを主成分としています。コラーゲンは、筋肉や内臓、骨や皮膚などをつくる細胞再生の主成分。

 

髪を強化し、皮膚に張りやうるおいを与え、骨粗髭症の予防にも役立ます。

 

ショウガは、保温効果と殺菌効果で、細胞の働きを活性化して、全身の免疫力をアップしてくれます。

 

南部鉄鍋を使うことで得られる鉄分「ニ価鉄」は、食品中の鉄分「三仙鉄」とくらべてずっと吸収しやすく、これが赤血球の中にあるへモグロビンの原料となって、全身に酸素を運んでくれるのです。

 

鉛、水銀などの有害ミネラルの侵入を防ぐ働きもあります。

 

そして、天然塩や黒砂糖は、マグネシウムカリウムなどをはじめとする各種のミネラル分をバランスよく含んでいます。

 

全身のミネラルバランスを整えれば、ひとつひとつの細胞や内臓の働きが活発になるのです。

 

この「コラーゲンショウガ湯」を朝晩一杯ずつ飲めば、体があたたまり、糖と脂肪の代謝、老廃物や食品添加物などの排出が盛んになります。

 

100歳まで健康で長生きする情報館