100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

高齢者のコロナ対策

新型コロナウイルスが世界的に大流行している今、自分も家族もいつ感染するかわかりません

 

季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。

 
特に、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています
 

 

新型コロナウイルス感染防止のために気を付けていることは、「密閉空間」「密集場所」「密接場面」の3つの密を避けましょう。

 

「手洗い」石鹸と流水を使用して洗うこと、「マスクの着用」、「アルコール消毒」をしっかりと行なうことが大切なのです。

  • 不要不急の外出の自粛・うがい
  • 公共交通機関の利用の自粛・時差通勤
  • 十分な睡眠・規則正しい食生活・適度の運動
  • 不特定多数が触れるものに触らない。
  • 買い物は、少人数ですいている時間か通販で
  • ジョギングは、公園がすいた時間・場所を選ぶ
  • 診療は遠隔診療・定期受信は間隔を調整
  • 筋トレやヨガは自宅で動画を活用
  • 飲食は持ち帰り、宅配
  • 仕事は在宅勤務
  • 小銭や紙幣は使わずに、なるべくキャッシュレスに切り替える
  • 共同で使う物品などは消毒しましょう。
  • 咳・発熱等の風邪症状が見られる場合や感染が疑われる場合は、外出を避けよう
  • 不要・不急の外出は避け、職場などは行かないでください。
  • やむを得ず外出する場合は、マスクを着用しましょう。

すべて行なう必要はありませんが、自分にできる対策は少しでも取り入れてください。

  •  

症状がある方を家庭で看護するときの注意点

  • 風邪症状が出たときには、症状の程度が軽い場合であっても、新型コロナウイルス感染症の可能性を念頭において以下の点に注意しましょう。
  • 患者の部屋を分ける
  • 患者の看護は限られた人で行う
  • マスクを着ける
  • こまめに手を洗う
  • 換気をする
  • 共有部分を消毒する
  • 食器やタオルなどの共有は避ける
  • ごみは密封して捨てる
  • 汚れた衣類・リネンは、手袋とマスクを着けて洗剤で洗濯し、完全に乾かす

無症状または症状が軽い方が、本人が気付かないうちに感染を広めてしまう事例が多く見られます。

100歳まで健康で長生きする情報館