100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

薬に匹敵する抗がん力

がん細胞を切除しきれない場合や、ほかの組織への転移がある場合に、抗がん剤放射線による治療が行われます。

 

抗がん剤放射線も、がん細胞の増殖を抑制し、縮小させる効果があります。

 

さまざまなタイプの抗がん剤の新薬が登場しています。

 

「手術で取り除きましたが、念のために抗がん剤で治療しましょう」と、担当医から提案されのでないでしょうか。

 

がんは、がん細胞が暴走して分裂が止まらなくなる病気です。

 

抗がん剤にはいろいろなタイプがありますが、細胞分裂を止めてしまう薬です。

 

細胞分裂が止められると、がん細胞は それ以上増えることができません。

 

分裂が阻害され、やがて消えていくというのが、このタイプの抗がん剤の仕組みです。

 

がん細胞は分裂が速いので、抗がん剤はがん細胞が増えるのを止める上では効果があります。

 

しかし抗がん剤は、がん細胞と正常細胞を区別できません。

 

そのため実際にはがん細胞だけではなく、体内のすべての細胞の分裂も阻害してしまいます。

 

ですから、体に大きなダメージを与え、副作用で苦しむことになります。

 

抗がん剤は、両刃の剣で、治るどころか体力も免疫力も弱ってしまい、病と闘えない体になってしまいます。

 

がん患者は元気になると思っているのにつらい状態になってしまいます。

 

抗がん剤の中には、がんの遺伝子を傷つけて、細胞の自死を誘導させ、がん細胞が増えるのを抑えるものがあります。

 

このタイプの抗がん剤も、正常な細胞を傷つけ、そのため免疫力が低下し、感染症にかかりやすくなるというデメリットがあります。

 

抗がん剤に効果がみられないと、さらに強い抗がん剤を使用します。

 

その結果、何種類もの抗がん剤を体内に入れ、健康な細胞までも壊してしまい、体はますます衰弱していきます。

 

強い抗がん剤は副作用もひどく、さらに体力を消耗し、精神的にも落ち込みます。

 

このような状態では、自己免疫力も弱くなり、病気を治すどころではなくなってしまいます。

 

再度、抗がん剤を使うように勧められて、断る人もいます。それほど痛めつけられてつらく苦しい状態になるということです。

 

乳酸菌の中でも免疫増強作用が最も強いと言われるエンテロコッカス・フェカリスFK-23菌か1包に4兆個以上含まれる乳酸菌食品です。

 

エンテロコッカス・フェカリスFK-23菌は、薬に匹敵する抗がん力があります。

FK-23菌

100歳まで健康で長生きする情報館