100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

癌の芽を摘む4兆個の濃縮乳酸菌

私たちの体には、がんの芽を摘み取る働きもきちんと備わっています。

 

小腸の粘膜には「パイエル」というセンサーがあり、異物を感知するたびに白血球の数を増やし、働きを活発にしてくれます。

 

こうした腸内特有の免疫システムは「腸管免疫」と呼ばれています。

 

腸管免疫のシステムが正常な状態に保たれていれば、白血球ががんの芽も退治してくれるのです。

 

ところが、免疫システムの働きが衰えると、白血球の攻撃を免れるがんの芽が出てきまず。

生き残ったがんの芽はその後、増殖をくり返します。

 

1年で約8倍、2年で約150倍、3年で約900倍、4年で約1万5千五倍、5年で27万億と増えていき、9年後にはおよそ10億倍にまで膨れ上がるとされます。

 

がんの芽は非常に小さく、その大きさは、10億倍程度まで増えて、ようやくCTスキンに映る1cmの大きさになります。

高度な検査でもがんの芽をみつけるのは困難です。

 

つまり、健康診断で典常がなくても 、体内でがんが増殖している可能性があります。

 

がんの芽をいかに早く摘み取るか ,ひそかに増殖しているがんをどうやって退治するかに対し、腸管免疫を活発にすることが、がんを防ぎ、再発、転移にの予防につながります。

 

私たちの体に備わる免疫システムの6~7割は、腸に集中しています。

 

濃縮乳酸菌は、パイェル板を刺激して、腸管免疫の働きを活発にしてくれます。

 

プロテサンSの濃縮乳酸菌は、免疫増強作用が最も強い乳酸菌と言われるエンテロコッカスFK-23菌が1包に4 兆個含まれています。

FK-23菌

質の高い濃縮乳酸菌4兆個が免疫力を向上させる

 

病気を撃退する効果を得るためには1に1兆個以上の乳酸菌を摂る必要があります。

 

腸には100億個もの腸内細菌が棲みつき、悪玉菌と善玉菌が15%、勢力の強い法を味方する日和見菌が残りの70%です。

 

1兆個とは、腸内細菌の1%にあたります。

 

プロテサンSの1包あたり4兆個以上含まれています。

4兆個というのは、腸内菌全体の4%です。この微妙な割合を貯制することで、日和見菌を味方に付けた善玉菌が、一気に拡大してくれます。

 

私たちの体では、毎日2千~4千個もの「かんの芽」が生まれています。

 

腸管を以前の健康状態に戻す濃縮乳酸菌

 

100歳まで健康で長生きする情報館