100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナに勝てる人負ける人

万が一新型コロナに感染しても、すぐに回復する人と重症化する人との違いは免疫力にある人と言われています。

病原菌だらけの世の中にあって、私たちの多くがさしたる病気にもならず生きていけるのは、人間の体には生体防御機能として、さまざまな仕組みがあるからです。

空気や食物に含まれている病原体が体内に入ってきた場合、抗体、リンパ球、マクロファージなどの免疫細胞が出動し、感染から体を守っています。

腸内に生息するビフィズス菌などの善玉菌が持つ効能の中には「体の免疫力を高める」という性質があり、さまざまな病原体や細菌類が体内のバリアをくぐり抜けて腸内に到達しても、これらの抗体が働き、体外に排泄してくれています。

人間の免疫力を支えているのは、ビフィズス菌などの善玉菌で、感染症や癌予防するには、善玉菌優勢の腸内環境が必要です。

こんな人は、免疫力を低下させています。

○一日中パソコンに向かう仕事
●運動不足
●睡眠不足、あるいは不規則
●精神的ストレスを抱えているひと
抑うつの人、笑わない人
●栄養不良、栄養のバランスの悪い食事(野菜が少ないなど)
○アルコールの飲みすぎ
○たばこ
○早食い
○口腔内等の粘膜の乾燥(口を開けて呼吸しているひと)
抗生物質や解熱鎮痛剤の飲みすぎ
○夏場に冷房の効いた部屋でばかり過ごしているひと

 ●印がる人は、注意が必要です。

既に免疫力が落ちている人

口内炎ができた
○口周りにぶつぶつができた
○体がどことなくシャキッとしない、疲れがなかなか取れない
○風邪がなかなか治らない
○久し振りに激しい運動したら、その後風邪をひいた
○重要な会議や試験日の前に体調をこわした
○休みの日によく風邪をひく
○花粉症や肌荒れがひどくなった

プロテサンは、感染症を予防するだけでなく、免疫力を高めてくれる濃縮乳酸菌食品です。

FK-23菌

善玉菌を増やすには、多くの種類の食物繊維を摂るのもポイントで、食物繊維は、大きくわけて「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の二つがあります。

水溶性食物繊維は、便の水分を保持して排便のスムーズにして、便の量を増すだけでなく、不要物をキャッチすることに働きます。

水溶性食物繊維は、リンゴや海草、こんにゃくに、不溶性食物繊維は、さつまいもやゴボウに多く含まれ、腸内細菌のエサになります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂ってください。

腸内細菌のバランスが崩れたら、おならや便が鼻をつまみたくなる臭いで、排泄がうまくいかなくなる前兆で、生活を見直すなど改善が必要です。

プロテサンは、動脈硬化を起こした血管や傷付いた血管を修復したり、腸環境を整え、血液をサラサラにしたりして、万病を遠退けてくれます。

 

100歳まで健康で長生きする情報館