100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

糖尿病や基礎疾患の方の新型コロナ感染の重症化のリスク

糖尿病や基礎疾患の方は、新型コロナ感染の重症化のリスクの可能性が指摘されています。

糖尿病がある方は、一般的な衛生対策に加えて、不要不急の外出を避けることや人混みを避けるなどの注意をすることは、インフルエンザなどの他の感染症対策と同じです。

血糖値が高くなることで白血球や免疫に関わる細胞の機能が低下し、病原菌と十分に戦えない状態になることがあります。

また、糖尿病に合併する血流障害や神経障害、人工透析の実施などは感染の重症化に影響すると言われています。

尿路感染症、呼吸器感染症、胆道感染症、皮膚の感染症歯周病などにかかりやすく、糖尿病でない方と比べて重度の感染症を起こしやすいと言われます。

特に血糖コントロールが悪い方は、細菌や真菌に抵抗する力が弱くなるので、重症化しやすいと言われています。

適切な血糖コントロールが大切で、感染症を未然に防ぐためには、血糖値をできるだけ正常に保つことが大切で、感染につながる合併症を防ぐためにもやはり良い血糖値を保つことは重要です。

  • 感染に早く気がつくように、ご自分の体調を気にかけましょう。
  • 身体の異常に早く気がついて、感染を早く見つけることが大切です。
  • ご自身の体調で変化がないか定期的に観察を行い、からだの傷や異常がないか確認しましょう。
  • 該当する方は、予防摂取を受けましょう。

糖尿病をお持ちの方は免疫が低下していることがあるため、重症な感染を予防するためにワクチンの接種をしておいた方がよい場合があります。

腸内フローラは複雑な腸内微生物生態系、すなわち「腸内エコシステム」を形成している。腸内エコシステムは健康維持に重要で、バランスが崩れると大腸がんなどの腸そのものの疾患に加えて、1型糖尿病、2型糖尿病、肥満、高血圧、炎症性疾患など、さまざまな疾患に関わっていることが明らかになっている。

腸内環境は、血糖コントロールとも深く関わっています。

米国のイリノイ大学の研究では、血糖コントロールがずっと良好、あるいは徐々に改善する人の腸内では、腸内細菌が多くみられ、代謝や免疫といった体の機能に良い影響を与える善玉菌が多いことが判明されました。

順天堂大学の研究チームも、日本人の2型糖尿病患者の腸内フローラと、腸内細菌の血流中への移行について調査されています。

糖尿病患者の腸内フローラが乱れていることと、腸内細菌が腸内から血流中へ移行しやすいことが明らかにされています。

もし、新型コロナウイルスに感染しても、LFK乳酸菌で免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

LFK乳酸菌は、北海道大学との共同研究にて、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐことの特許取得商品で、妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌が主成分のプロテサンは、免疫力を高める乳酸菌で、安全で副作用く、万病の予防・改善にお勧めします。

FK-23菌

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動を始めてくれます。

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

100歳まで健康で長生きする情報館