100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナウイルスの初期症状は・・・

新型コロナウイルスの初期症状は、発熱や咳など風邪のような症状がみられるほか、嗅覚・味覚障害が生じることがあります。

人によっては下痢・嘔吐などの消化器症状や意識障害などの神経症状が現れることもあります。

唇が紫色になる・息が苦しくなる・急に息が苦しくなる・少し動いたり働くと息が苦しくなる・横になれない・座れない・寝られない・肩で息をする・ゼーゼし始める・脈のリズムが乱れる・顔色が悪くなる・いつもと体調が違う・ぼんやりする・もうろうとする。

新型コロナウイルスを抑え込むためには1人1人が自粛を心がけることが非常に大切で、引き続き各々の自粛生活取り組みましょう。

日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、高齢になると、体調の変化などちょつとしたことがきっかけで肺炎を引き起こしやすくなり、急激に症状が進むこともあります。

新型コロナウイルスが世界的に大流行している今、自分も家族もいつ感染するかわかりません

感染しない・感染させないために

  • 換気の悪い密閉空間・近距離での会話や発声がある密接場所・手の届く距離に多くの人がいる密集場所を避けましょう。

特に3つの条件が同時に重なる場所は、一度に多くの人が感染し、クラスター(集団)発生のリスクが高いため、避けましょう。

 

もし、新型コロナウイルスに感染しても、FK-23菌やLFK乳酸菌で免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防ぐ特許取得のLFK乳酸菌含有食品は、北海道大学との共同研究にて特許した乳酸菌で、妊婦の方も安心して食べて頂けます。

FK-23菌のプロテサンは、免疫力を高める乳酸菌で、安全で副作用のないので、予防・改善にお勧めします。

FK-23菌

LFK乳酸菌ノチサフェルナ品は、予防や感染した場合に飲用してください。

LFK乳酸菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動を始めてくれます。

 過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト