100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

毎朝、コップ一杯の手づくリンゲル液

水が健康に果たす効果は絶大です。

大人では体重の約6割、新生児では約8割が水分でできています。

水に意識を向けずには健康を保てないのです。

実際、体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態は驚くほど変わってきます。

 

水の役割は

  • 発汗による体温調節・新陳代謝の促進
  • 有害物質の解毒
  • 緊張や興奮・イライラなど精神の元進を鎮める
  • 入眼・安眠の促進
  • 心身の覚醒作用
  • 利尿・排便の促進
  • 血液の循環の促進など8つの役割があります。

 

人体の基礎である細胞は、細胞内液と細胞外液からできています。

f:id:kyotomura4592:20180108143937j:plain

細胞外液には、ナトリウムが、内液にはカリウムが満たされています。

ナトリウムとカリウムのバランスが崩れますと、高血圧や癌なとおそろしい現代病になりやすくなります。

 体液に近い蘇生塩水を飲みますと、知らず知らずのうち、ミネラルバランスが整い、頭のてっぺんから足の先まで細胞が活性化しますから、髪の毛や肌はもちろんのこと、体内内部から若返り、好調になってきます。

 

カルシュウム不足も解消され、イライラ感もなくなり、体が健康になっていくのが体感できます。

 

水を飲む量は、大人の場合、1日に1.5~2㍑が最適で、1回で飲む量はコップ一杯です。

www.kyoto-kenkou-mura.com