100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

「ふくらはぎ」は、血液を送る重要なポンプ

第2の心臓と言える「ふくらはぎ」は、血液を送る重要なポンプの役割を持っています。

 

人間の筋肉の70%が下半身にあります。

 

筋肉は、20歳代をピークにして減り始め、40歳代80%、60歳代60%、70歳代

ではほ半分になります。

 

下半身の筋肉が落ちると、血液やリンパの流れが悪くなるだけでなく、歩行そのものに支障をきたしたり、転倒しやすくなります。

 

エレベーターを使わす、階段を昇る

 

電車内では、椅子に座らず立つ

 

一駅前で降りてあるくなど足腰を鍛えるようにしましょう。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com