100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

満腹が疲れ、病気をつくる

私たちの健康の9割は、毎日の食生活で作られています。

 

一食一食の積み重ねが、体をつくり、健康を左右しています。

 

何時も、満腹まで食べないと気がすまない人・・・・・。

 

内臓や器官に大きな負担をかけているために、体がだるい、疲れる、体が重いたいった倦怠感、息切れ、スタミナ不足、目の疲れなどがあらわれてきます。

 

疲れをためる食事をしないことか、病気を未然に防いでくれます。

 

1.食べすぎや飲みすぎを止めること

 

2.不規則な生活をやめること

 

3.塩分を摂り過ぎないこと

 

4.動物性たんぱく質や脂肪を摂り過ぎないこと

 

5.野菜不足にならないこと

 

食事を変えれば、50過ぎてからでも医者いらずの体になれます。

www.kyoto-kenkou-mura.com