100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナウイルス感染症を防ぐ備え

新型コロナウイルスに染した人が別の人に感染させる時期は、発症の2~3日前から始まり、発症前後に最も感染させやすく、多くの人が感染に気づかないままウイルスを広げている可能性があります。

 

NK細胞の活性が高ければ、新型コロナウイルス感染症などの疾病を未然に防ぐことができきます。

 

NK細胞は、まさに感染症などを防ぐ最前線の部隊で、薬を超える防衛のスペシャリストといった働きをしてくれます。

 

NK細胞は、全身を24時間くまなく巡回パトロールしていて、ウイルス感染細胞などを見つけると、即座に攻撃をはじめます。

 

私たちの体は、昼間でも夜中でも優秀な殺し屋に守られているのです。

 

NK細胞が活発であればあるほど、体は常に高いセキュリティ体制で守られているわけです。

 

一方で、NK細胞が失われたり、弱まったりすると、命に関わる大きな病気を引き起こすリスクが高くなります。

 

 私は、一昨年前の12月に肺炎になり、このプロテサンで命拾いしました。

 

もし、感染した場合、免疫力を高めるおけば、命がが守れます。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com