100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

妊婦の新型コロナウイルスの感染予防に、心強いLFK乳酸菌食品

 

妊娠中のコロナウイルスに有効な抗ウイルス剤はなく、厚生労働省によりますと、現在の知見では、妊娠の後期に新型コロナウイルスに感染しても、病状の経過や症状の重さは妊娠していない人と変わらないということです。

 

ただ、不安を感じる妊婦が多いことや、一般的に妊婦が肺炎になった場合、免疫力が低くなっている為に、重症化するリスクが高い言われています。

 

市中感染が広がっていますので、特に妊婦の方は閉鎖空間での集会やビュッフェ スタイルの会食、そして不要な外出は控え、手洗いを徹底してください。

 

新型コロナウイルスに感染しても、胎児の異常や死産、流産を起こしやすいという報告はないとして、密閉・密集・密接の「3つの密」を避けるなど、一般的な感染予防策をとつください。

人込みを避けるための時差出勤や徒歩あるいは自家用車の利用、在宅勤務、職場 環境の整備など可能な限り感染リスクを下げられるように勤務先とよく相談してください。

家庭内に感染者や疑いのある方がおられる場合は別室に過ごすなど接触を避けてください。

タオルや食器の共用は避けてください。

 

授乳について
コロナウイルス感染が確定し発熱を認める褥婦においては⺟体がウイルス⾎症となっていることが考えられ、授乳は控えるようにしてください。

 

解熱後 3 ⽇までは感染⼒があると判断し、個室隔離、⼿洗い、接触のある物を次亜塩素酸ナトリウムで拭き上げてください。

 

新型コロナウイルス対策

新型コロナウイルスは、 風邪を引き起こす病原体で、感染者の80%が軽症か、症状がなく、軽いせきや鼻水くらいのために、職場や学校を休まないので、症状がない人がウイルスを拡散されています。

  • 若い人が感染を広げている可能性が高いのです。
  • 感染者の8割以上の人は、症状が軽く、症状のない人もあります。
  • 重症化する人は、糖尿病や癌などの治療されている方や高齢者が多いようです
  • 症状のない「潜在的な患者」が感染を広げています。
  • 密閉空間で、人との対話に注意が必要です

高齢者や基礎疾患を持っている人、高血圧、糖尿病、ガンなどの人は、免疫力が低下していますので、ウイルスの増加に対応できなくなり、感染すると重症かになりやすいので気を付けてください。

ウイルスは、最初は鼻やのどの上気道で増え、それが気管支、肺、下気道に到達して増えと肺炎になります。

重症化を防ぐには、

  • 規則正しい生活、睡眠、バランスのとれた栄養、適度の運動が重要です。
  • ストレスは、免疫力を下げますので、過敏な不安は逆効果です。
  • 1日に数兆個の乳酸菌を摂って、免疫力を高めるのも効果的です。
  • 酵素サプリも免疫細胞を活性化してくれますのでお勧めしたいです。

 

北海道大学と共同研究にて特許したLFK乳酸菌は、ウイルス感染による肺の炎症を抑制し、重症化を防いでくれる乳酸菌で、妊婦の方も安心して食べて頂けます。

 

LFK乳酸菌食品は、安全で副作用の心配もなく、免疫力を高め、妊婦の方の新型コロナウイルスの予防にお勧めします。

 

もし、新型コロナウイルスに感染しても、LFK乳酸菌で免疫を高めておけば、重症化をさけたり、治りを早くしてくれます。

 

LFK乳酸菌菌は、ウイルスの感染によって、肺胞上皮細胞という細胞のバリア機能が壊れるのを抑える働きあって、インフルエンザウイルスに感染すると、肺を守るために免疫細胞が活動を始めてくれます。

 

過剰な炎症が生じることで、呼吸障害が起こり、死に至る場合がありますが、LFKを摂取すれば、ウイルス感染による過剰な肺の炎症が抑制されます。

 

さらに、肺を保護するたんぱく質の分泌を促し、ガス交換に関わるⅠ型肺胞上皮細胞という細胞に分化できるⅡ型肺胞上皮細胞を増殖させて肺機能障害を和らげてくれます。

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト