100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

発がん物質を無毒化し、排出するブロッコリー


体に"発ガン物質"として蓄積している有害な毒素を、無毒 化して体外に排出する働きをするブロッコリー

f:id:kyotomura4592:20200403175944j:plain

 

ブロッコリーを噛みつぶすことで、スルフォラファンという物質が生成され、この成分が解毒酵素を活性化することを、アメリヵのジョンズ・ホプキンス医科大学教授のポール・タラレー博士が発見しました。


この解毒酵素の強さは、ブロッコリーの生長段階によっても違い、同博士によれば、
新芽(スプラウト)の時期に最も有効に摂取できることがわかりました。

 

ブロッコリーの新芽は、押しなべて生鮮・冷凍の成熟ブロッコリーより、解毒酵素誘導活性が高いことが証明されたのです。


ブロッコリースプラウトは、生で食べるのが最も効果的ですが、加熱してもスルフ
ォラファンは損われません。

 

ただし、ビタミンCなど水溶性の成分は、水に溶け出してしまいます。

 

洗ったりゆでたりするときは、さっと手早くすませるように注煮して、料理してください。 

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト