100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

新型コロナウイルスに対する意識の持ち方

健康な人間なら、たとえ疲れても一晩よく休めば、かなり元気になります。

 

何日も休んでも元気にならないとことは、細胞が老化して回復が悪いからです。

 

その結果、細胞がなんらかの炎症を起こしている可能性があります。

 

炎症が起きていますと、体力が消耗してしまいます。

 

だから元気が出ません。

  

 

新型コロナウイルス感染症の初期症状では、喉の痛みや発熱、筋肉痛、体の倦怠感が生じ、風邪のような症状が続きます。

 

特に、37.5℃程度の発熱と強い体のだるさを訴える人が多いという特徴があります。

 

また、人によっては、鼻ずまり、頭痛、痰、血痰、下痢などが生じることもあります。

 

新型コロナウイルス感染症の初期症状はおよそ5~7日間程度続き、重症化しなければ次第に治っていきます。

 

体は、何かしらの症状で知らせています。

 

その体の声を聞き逃さないようにしましょう。

 

大事なのは、自分の体調に対してしっかり意識し、疲れが取れないと感じた時には生活習慣を早く変えることです。

 

初期がんの人や、まだがんとは診断されていないけれど体内でがん細胞が増え始めた人は、「なんとなくだるい」「疲れが取れにくい」といった自覚症状があります。


しかし、多くの方は、その段階では、自分が病気だとはi思わないものです。

 

過信は禁物です。

 

生活習慣を変えて療養生活を送れば、自然治癒力が上がり、ウイルスやがんの暴走を止めることができます。

www.kyoto-kenkou-mura.com