100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

死者1万人超、アメリカで「インフル猛威」

アメリカでは、1月半ばになって急にインフルエンザが猛威を振っています。

 

コロナウイルス肺炎の死者が1000人を超えたことでわれわれはパニックに陥っている日本ですが、アメリカ国内ではその10数倍もの人々が昨秋からインフルエンザによって亡くなっています。

 

新奇な病気に目を奪われているうちに、足をすくわれたような寒気がしないだろうか。

 

アメリ疾病対策センター(CDC)は、昨年10月1日以降2月1日までの間に、アメリカ国内で合計2200万~3100万人がインフルエンザにかかり、来院は1000万~1500万件、入院件数は21万~37万人、死亡者は1万2000~3万人となったと推定しているそうです。

 

日本の厚生労働省の人口動態統計によると2018年にインフルエンザで亡くなった人は3325人。

 

2019年は、1日に54人の方が、インフルエンザで亡くなっています。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com