100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

癌を治せない人の共通点

食・運動・睡眠・排泄が重要で、これがしっかりできない人は、ガンは治りません。

そして、疲労やストレスを溜め込まないことが大切です。

 

余命3か月と言われた肺がんの方が、死ぬ前に自宅の周りの山に桜を植えようと思われ、20年経った今は桜の名所になり、今も元気で暮らしておられます。

 

私は、8年前前立腺がんと言われましたが、手術前に消えて無くなりました。

 

人間には、大きな心のパワーとなる自然治癒力を持っています。

 

元気になる為に、心を切り替をして、細胞バランスを整えることと、腸内環境を活性化し、元気な血液をつくてください。

 

癌が治せないの人の共通点は、

✰ がんの汚染源を断っていない人。

✰ 抗がん剤治療で正常な細胞が減り、免疫力や治癒力が弱くなっている人。

✰ 腸内環境か悪くなっている人。

✰ ミネラル不足によって、低温体質になっている人。

✰ 体内バランスが崩れて、酸性体質になっている人。

✰ 活性酸素が増えるいる人。

✰ 化学物質や添加物などの体内毒素が増えている人。

✰ 肝機能が弱っている人。

✰ 医者まかせの人。

✰ マイナス思考の人

✰    がん治療などの情報が少ない方

✰  感謝が少ない人 

✰  抗がん剤で癌が治ると思い込みしている方

✰  頑固な人

  

元気になる為には、細胞バランスを整え、腸内環境を活性化し、自然治癒力を高めることです。

 

健康な体も、病んでいる体もずべて細胞が造っているので、細胞が喜ぶ食べ物を摂取すれば細胞はいきいきと活動し、細胞が嫌がる悪い食べ物を摂取すれば、細胞の生命活動は阻害され病気になってしまいます。

 

病気の原因は、細胞の機能の低下で、病気を治すのは、病院でも、医者でも、薬でもなく、食油を変えることと言われています。

 

体の細胞は、細胞膜を柔らかくする油と硬くする油のバランスが必要で、サラダ油に多く含まれているオメガ6と、アマニ油や魚に含まれているオメガ3は、どちらも細胞膜の材料になりますが、この二つは反対の働きをします。

 

細胞膜の主な成分は脂肪で、細胞膜は、細胞内に酸素や栄養素を取り込んだり、細胞内で発生した老廃物を排出したり、細胞同士の情報を伝達したり、有害物質の侵入を防止するなど、私たちが生きるうえで基礎となる大切な機能を果たしています。

 

強い免疫細胞を作るためには、細胞へのミネラルの補給とバランスが大切です。

 

ガン細胞は、酸性の身体しか発症しなく、体内を弱アルカリ性に保つことができれば、ガン細胞はなくなると言われています。

 

弱アルカリ性体質にするには、私たちの生活習慣を見直すことで簡単に変えられます。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com