100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

細胞が生き生きなる

よい食べ物が健康体を作り、健康な細胞は、自然治癒力を強くしますが、健康のことを考えなく食べると、細胞が大変なダメージを受けてしまいます。

 

トランス脂肪酸やヒドロキシノネナールが多く含まれているサラダ油は、細胞膜の機能を低下させて支障を起こすのて、細胞にとって非常に有害なものです。

 

細胞にとって大切な油があり、それは、オメガ3脂肪酸であるマニヤ油やエゴマ油で、細胞が喜んで、生き生き活動します。

 

細胞の主な機能は

DNA情報

ミトコンドリア栄養を、酵素を使ってエネルギー供給

タンバク質の再製・不要物のリサイクル

栄養,ごみの運搬

人間の体は多数の細胞から成っており,その正確な数字は分かっていないが,60兆個くらいと言われています。

 

身体のなかでは,約3000億個の細胞が日々死んでしまいますが、その一方では,死んでゆく細胞の数とほぼ同数の細胞が誕生して,生体の恒常性が保たれています。

 

私たちの体では,毎日膨大な数の細胞(約4千億個,全細胞約60兆個の150分の1が死んでいることになります。

 

入れ替わりに要する期間は、細胞ごとに違うので一概には言えないが,数ヶ月も経つと体を構成する大部分の細胞が更新されていることになります。

 

善い食べ物・・・細胞が元気で活動します。 悪い食べ物・・・細胞を無能化し、病気になりやすく・老化が早くなります。

 

これが毎日続きますと、数年後には凄い差になります。

 

サラダ油は、老若男女を問わず、小学生の心の問題から高齢者の認知症アルツハイマー病まで、脳・壊す原因になると、警鐘を鳴らして居られます。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com