100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

今すへきこと、自身の健康や家族、特に子どもたちの将来を守るために

私たちの体は、今食べている食材によって、つくられています。


自身の健康や家族、特に子どもたちの将来を守るために、今、すべきことはサラダ油を使用しているインスタント食品やファーストフード、スナック菓子などを摂らないことです。

 

細胞をいきいきと活性化させ、脳や目を良くするアうつ病や心の病に悩む方は、サラダ油を止めてリノール酸の摂取量を減らし、マニtやエ。コマ油、そして青魚を毎日食べましょう。

 

オメガ3の脂肪酸であるαリノレン酸の摂取量を増やすことです。

 

もの忘れを自覚し始める50歳以上の方は、認知症にならないために、そして医療費を軽減するためにも、食生活を見直し、それを実践することが必要です。


今あるサラダ油やマーガリシを廃棄して、アマニ油やエ。コマ油、シソ油、オリーブ油に変えることが良い方法です。

 

食費に占める食用油の割合も多少増えるでしょうが、大切な脳や体への健康投資です。

 

インスタントラーメシや焼きそばを食べるのを止め、ハンバーガーやノライドチキン、プライドポテト、ドーナツなビのファーストフード店から子どもや孫を遠ざけることが必要です。

 

特に、妊婦や幼児のいる家庭では、このことに神経質になるべきです。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com