100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

細胞を元気にするのが最高の薬

体には、防衛・修復システムである自然治癒力が備わっています。

 

その自然治癒力は、条件次第で強くにもなり弱くもなります。

 

病気になるのは、この自然治癒力が低下しているためです。

 

その状態が続けば、病気は治りません。

 

生活習慣病から早く脱出し、健康を取り戻すには、自然治癒力の増強をはかって行くことです。

 

西洋医学の治療も、自然治癒力の回復に頼っているのです。

 

野生の動物には、人間のような現在病や老化はないそうです。

 

弱った細胞は、病気になりやす・すぐ疲れる・治りづらい・老けやすい

 

老化は、自己を修復する力がなくなるから、シワができたり、シミができたり、足腰が弱くなったり、骨がスカスカになって行きます。

 

細胞は、治す方法を知っています。

 

人間の体は、60兆個の細胞がつくられ、その細胞は全て食べ物から作られています。

 

毎日の食事でよいものを食べれば、体を健康になる材料として血液が細胞に運びます。

 

逆に、悪いものを食べれば、病気になる材料が細胞に運ばれます。

 

細胞は、自分で修復する能力をもっています。

 

高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、痛風、便秘、頭痛、腰痛、不眠症自律神経失調症などは、自然治癒力で治せる病気です。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com