100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

普通の缶ビールが極上の生ビールに変る

アルコールは百薬の長というものの、飲みすぎれば毒にもなることは皆さんご承知のとおり、つらいつらい二日酔、水溶性イオン化カルシウムを上手に利用して防ぎましょう。

 

二日酔の原因は、はっきりしていて、「飲みすぎ」です。

 

体の中に取り入れられたアルコールは分解され、酸化し、アセトアルデヒドという物質が生成されます。

 

アセトアルデヒドは、さらに酸化されて酢酸となり、最終的に炭酸ガスと水になります。

 

この分解工程のスピードは、たいへん個人差があり、分解が遅い人、体が分解できる量以上のアルコールを飲んでしまった人には「二日酔」の朝が待ち受けているのです。

 

食事をしながら、またはおつまみを食べながらお酒を飲む意味は、アルコール分解作業を助けることからきています。

 

アルコール分解作業には、ミネラルとビタミンが必要です。

 

おつまみとしては、チーズ、小魚、海草類などがおすすめ当然ここで水溶性イオン化カルシウムが活躍するのはいうまでもありません。

 

お酒に少しずつ入れながら飲めば、よほど量を過ごさないかぎり二日酔にはならないでしょう。

 

水溶性イオン化カルシウムが食物よりも数倍すばやく消化器官から吸収され、アルコールの分解作業を助けてくれるのです。

 

また、分解作業のみならず、お酒をおいしく飲むのにも水溶性イオン化カルシウムは手を貸してくれます。

コップに注いだビールに、水溶性イオン化カルシウムの500倍希釈浦をスプレーしますと、さっときめ細かな泡が立ってきます。

 

普通の缶ビールの泡を極上の生ビールの泡に変えてくれます。

"ただし、水溶性イオン化カルシウムの量が多すぎると炭酸成分が飛んでしまいますので注煮してください。

 

そのほか、洋酒の水割りグラスー杯につき少々(2~4滴)日本酒1合につき少々を入れてみてください。

 

水溶性イオン化カルシウムがお酒の口当たりをなめらかに、コクのあるものに変化させます。

 

これは水溶性イオン化カルシウムのイオン一つひとつが水の分子を細分化して細かくするためで、細胞レベルで細かくなるのですから、おのずと口当たりがよくなる・・・・とうわけです。

 

安いお酒でも高級酒の飲み口に変える水溶性イオン化カルシウムです。

 

二日酔も防ぎますし、お酒好きの方にはなによりの朗報ではないでしょうか。

 

歳をとればとるほど酒を飲みすぎると、あとの不快感は増大してきますし、体からミネラルがうばわれていきます。

 

酒、アルコールの害から体を守るための唯一の方法です。

 

楽しく、体にやさしい百薬の長にするための水溶性イオン化カルシウムなのです。

すぐ体験して見てください。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com