100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

がんや心臓病の死因は肺炎です。

この季節に急増し、あっと言う間に命を奪う肺炎。

 

抗がん剤の治療を受けたりしたあと、体力がぐんと低下してしまいます。

 

細菌に対する体の抵抗力がなくなり、肺炎にかかりやすいのです。

 

高齢の方は、肺炎にかかると、短い時間で症状が急速に悪化して、死に至ります。

 

がんの方は、がん細胞から免疫を低下させる物質が出て、感染しやすくなります。

 

肺炎は、肺本体の病気で、肺胞がやられてしまう病気です。

 

肺胞は酸素を取り込み、二酸化炭素を排出する呼吸の要所です。

 

ここが機能しなくなると、呼吸器を付けても、身体に酸素が回らないので、息苦しいのです。

 

私は、昨年の今頃に肺炎になり、肺炎では死にたくありません。

 

肺炎になりますとベットの上で、水に溺れるような苦しさが何日も続くからです。

 

私は、プロテサンの力を借りて、この危機から早く脱することができました。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com