100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

血管を若若しくする本格焼酎

焼酎は2種類あって、甲類焼酎と乙類焼酎があります。

 

宮崎や鹿児島の人が飲んでいる焼酎は、乙類の焼酎で、本格焼酎と記載されています。

 

甲類の焼酎は、何回も何回も蒸留したもので、アルコールに近いものになっています。

 

乙類の本格焼酎は、1回だけの蒸留のもので、甲類の焼酎に比べて、原料の匂いや味残っています。

 

焼酎を作っている物質が身体に入りますと、腸から吸収されますと、腸でウロキナーゼという酵素が発生します。

 

心筋梗塞脳梗塞で病院に運ばれますと、すぐにウロキナーゼという血管の中にできた

血の塊を溶かす注射をされます。

 

乙類の本格焼酎は、匂いはありますが、血栓症を予防する力があります。

 

昔は、血栓を溶かす注射は、人のおしっこからウロキナーゼを取り出して注射が作られていましたが、今は、遺伝子操作で作られています。

 

KYOTO 健康村 – 健康長生の叶う健康づくりに情報サイト