100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

風邪薬を超えるインフルエンザ 対策

インフルエンザの患者が急増し、大流行の発生・継続が疑われる「警報レベル」とされる30人を今季初めて上回っています。

 

高熱がある場合、病院で検査をしてもらわない限り、インフルエンザなのか、発熱を伴う風邪なのか、見分けることはできません。

忙しいなどの理由で病院に行くのを後回しにし、常備している解熱剤や解熱剤を含む風邪薬を飲みますが、もしインフルエンザに感染していた場合、命にかかわる病気を引き起こすリスクがあります。

 

熱が高いと、下げないといけないと考えをしまいますが、熱が高くなることには理由があるのです。

インフルエンザウイルスは、免疫力を高めないと戦えません。

 

免疫力を高めるためには体温を上げる必要があり、39度まで体温を高めて、インフルエンザウイルスと戦える状態にしています。

 

そのため、熱が高くても、そのまま高くしておいた方が、解熱剤を飲むよりも治りが早いです。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com