100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

日本人の6割の人が、癌や生活習慣病で命を落とします

国民皆保険制度により、低料金で医療が受けられるようになったことによって、

 

低料金で受診を繰り返すうちに、知らず如らずのうちに医師や薬への依存を強め、

 

「病気は医者や薬が治してくれるもの」と思い込んでしまっている方が増えています。

 

それは大きな間違いです。

 

本当に病気を治ずのは、自分自身の自己治癒力や生活習慣の改善です。

 

最も脅威と言われているのが「死の四重奏」といわれている「メタボ」です。

 

メタボは、内臓肥満、高血圧、高血糖、高脂肪のいずれかの2つがあればメタホです。


生活習慣病の代表である「がん」は、国民の三人一人か亡くなっています。

 

動脈硬化が進行しで起こる心臓病と脳梗塞脳卒中で亡くなる方が約30万人。

 

つまり、日本人の6割は癌、心臓病、脳卒中で亡くなっています。

 

メタボが進行して起きる心筋梗塞脳梗塞は、ある日突然に発症、半身不随や言語障害など重い後遺症が伴います。

 

職場復帰も困難にして、寝たっきりの生活、つらく長いリハビリ、家庭経済の危機、クスリの副作用

 

本人はもちろん家族に大きな負担をかけることになります。

 

生活習慣病は、暗黙沈の殺人者で、痛みや自覚症状ががないまま進行しています。

 

生活習慣病になる原因のひとつは、ミネラル不足です。

 

体によい水で、生活習慣病が予防できます。

 

www.kyoto-kenkou-mura.com