100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

今、子供たちに異変が

子供の食の環境が変わり

 

今の子供たちは生まれた時から、さまざまな有害物質を体内に蓄積しています。

 

母親の胎内にいる間にも食品添加物など、分子量の微小な化学物質が胎盤を通過して入ってきてしまいます。

 

その結果、アトピーぜんそくにかかったり、肥満症や糖尿病などの生活習慣病になる子供が増えています。

 

キレル子供や引きこもりが増えています。

 

添加物の多い加工食品やファーストフードの食べすぎが原因だとする研究報告があります。

 

子供の自閉症発達障害も増えています。

 

体内にたまった水銀が原因とも言われています。

環境ホルモンの一つであるダイオキシンは脳の機能にも影響を与えているといわれ、子供の発達障害との関連が疑われています。

 

アトピー性皮膚炎が増えている原因のひとつに合成化学物質や食品添加物です。

 

次の時代を担う子供たちに、有害な化学物質から守ってあげることも親や社会の責でないでしょうか。

 

体に最もよいミネラルウォーター水の作り方 – KYOTO 健康村