100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

毎日の飲料水が長生き健康を決る

水が健康に果たす効果は絶大です。

 

大人では体重の約6割、新生児では約8割が水分でできています。

 

水に意識を向けずには健康を保てないのです。

 

実際、体調に適した水を飲んでいるだけで、健康状態は驚くほど変わってきます。

 

水の役割は「発汗による体温調節」「新陳代謝の促進」「有害物質の解毒・希釈」「緊張や興奮、イライラなど精神の元進を鎮める」「入眼・安眠の促進」「心身の覚醒作用」「利尿・排便の促進」「血液の循環の促進」など8つの役割があります。

 

体に良い水は、

①人の手を加えない天然の生水。1万年前の人たちが飲んでいたような生水

 

②「鉱泉水」「鉱水」「温泉水」岩盤を通り抜けて湧き出た天然水。ミネラルバランスがよく、老廃物の除去や体内の活性化に役立ちます

 

アルカリ性

健康な方の体液は、弱アルカリです。

アルカリ性の水は、活性酸素の酸化力を中和、腸の粘膜の障害を改善し、胃酸過多を和らげてくれます。

④自分の体調に適した硬水

天然水の健康効果は、水のミネラルの含有量で決まります。

 

●軟水
ミネラルの含有自重が少ない分、体への負fも小さく、体調を崩しているときの大分
補給に最適で、就寝前のコップ1杯は脳梗塞心筋梗塞を防ぐ「命水」となります。

 

国内には非常に良質の天然の軟水があります。

 

岩手県の「仙人税水」、島根県の「宝の天然氷」、静岡県山梨県の「クリティア」、北海道の「リシリア」で、これらの水は、活性 酸素の除共作用に最も優れています。


●中硬水
カルシウムとマグネシウムの豊富なアルカリ性の水を日中、コップ1杯ずつ、のどが渇く前に飲んでおくと、脳梗塞心筋梗塞の予防になります。

 

高血圧症や高脂血症の改善にも役立ます。

 

慢性疲労には、硬度の高い炭酸水がおすすめです。

 

硬水は就寝前や下痢のとき、体調不良のときには、飲まないようにしましょう。

 

愛媛県の「四回カルスト天然氷ぞっこん」、外国産ならば「エビアン」です。

 

●超硬水
マグネシウムの含有量が多くなるほど、苦みなど独特の風味が増し、飲みにくさを
感じるようになります。

 

その水が体調に適していると思うならば、試しに2週間飲んでみてください。

 

体に適している水なならば、だんだんと「おいしく」と感じるようになります。

 

便秘の改善やダイエット、疲労回復に最適です。

 

三重県「命の水」青森県の「浅虫温泉水・仙人のわすれ水」

 

水を飲む量は、大人の場合、1日に1.5~2㍑が最適で、1回で飲む量はコップ一杯です。

体に最もよい健康水の作り方 – KYOTO 健康村