100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

キレイが好きな人ほど免疫機能を破壊しています

洗顔やお風呂で、薬用石鹸などでを使用しますと皮膚がカサカサになります。

 

皮膚には、皮膚の健康守るために皮膚常在菌が棲んでいます。

 

皮膚の皮膚常在菌が死んでしまいますと、皮脂膜が再生できなくなります。

 

皮脂膜は、皮膚の最上層にあって、敵の侵入を防ぐ働きを持つ皮膚の最も硬い部命です。

 

皮脂膜がなくなると、病原菌やアレルギー症状を起こす物質が皮膚から侵入しやすくなります。

 

皮膚から異物が入ってくると、免疫システムが反応し、かゆみや湿疹などの炎症を起こします。

 

これが乾燥性皮膚膚炎です。

 

このとき、腸が不調で免疫機能がコントロールできずに、誤作動を起こすし、アトピー
性皮膚炎へと進行して行きます。

 

アトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患は、免疫力が弱く、免疫機能が誤作動を起こして発症する病気です。


乾燥を感じると、保湿クリームを塗りたくりますが、人体が時つ皮脂膜のバリアを取り除いておいて、人工的につくったクリームを塗るのは、おかしいと思うのです。

 

肌がカサつくのならば、まずは殺菌・除菌・抗菌の成分を含む薬剤の使用をやめ、皮膚常在菌の再生から始めることが、肌がカサつく解決策になります。

 

皮膚の健康を皮膚常在菌を育てることです。


細菌を遠ざけようと日常的に薬剤を使っていると、免疫機能は怠け、免疫力は低下して行くばかりです。

 

本来の仕事を失った免疫機能は、体に害のない花粉や家ダニ、ほこりなどの異物にまで反応し、攻撃を繰り返し、体に炎症を引き起こすようになります。

 

その炎症が皮層で起こるのがアトピー性皮膚炎であり、鼻で起こるのがアレルギー
性鼻炎、気管支で起こるのがぜんそくです。


アレルギー体質に関する興味深いデータがあります。

 

兄弟姉妹の数が多いほど、アレルギー体質になる子は少ないく、第Ⅰ子はアレルギー体質になりやすいというデータもあります。

 

母親が働いていない家庭の子どもは、アレルギー体質になる確率が高いそうです。

 

細菌の排除に神経質になると、免疫力が弱体化し、子どもがアレルギー体質になるようです。

 

皮膚にも健康を守る常在菌か棲んでいることを知って、生活していれば、免疫力は丈夫に育つのです。

 

病気は、対症治療では治しきれない – KYOTO 健康村