100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

1日1個の梅干しで癌を抑制

癌になっている人は、酸性体質に傾いている人がほとんどです。

癌細胞は酸性体質を好み、酸性体質の中では、どんどん増殖します。

アルカリ性体質に変化すると癌は休眠して動かなくなります。

老人になると癌になる人が多いのは、腎臓の働きが悪くなっている為です。

腎臓は身体の中で、酸性とアルカリ性のバランスを取る働きをします。

50歳までは酸性の物をいくら食べても、腎臓がすべて尿の中に排泄して、身体を弱アルカリ性に保つような働きをしています。

ところが50歳を過ぎると、急激に癌になる人が増えてくるのは、腎臓がしっかりと機能しなくなって、酸性体質になって、癌が増えてくるのです。

腎臓は年齢と共に衰えてきますので、80歳代になるとほとんどの人は、酸性体質になります。

70歳を過ぎて癌になったら、抗癌剤治療はしない方が、長生きできる確率が高くなります。

それは腎臓の衰えが進んでいますので、抗癌剤治療をして、腎臓に過大な負担をかけるのは、得策ではありません。

腎臓の衰えを助けて、酸性体質から弱アルカリ体質に変化させるのが、梅干しなどの酸っぱい食品です。

体内でアルカリ性に変化するので、腎臓は楽にアルカリ体質に持っていくことが出来ます。

癌と宣告されても、梅干しなどの酸っぱい食品を、毎日取るように心がけていれば、体内が弱アルカリ性になりますので、癌細胞は増殖を止めます。いったん冬眠して、次に酸性体質になる時期をじっと我慢して待つことになります。

毎日必ず、1個の梅干を食べて弱アルカリ性を維持してください。

梅干し、レモン、モズク、黒酢梅肉エキス、などは酸っぱい食品です。

酸性の食品ですが身体の中に取り込むとアルカリ性に変化して、身体の中を弱アルカリ性にしてくれる働きがあります。

肉、脂肪の多い食品、ケーキ、お饅頭、炭酸飲料水、ジュース、スナック菓子、などの酸性食品を多くとっていると癌になりやすいのは、腎臓に負担をかけて、酸性とアルカリ性のバランスが崩れるからです。

自分の体質が酸性かアルカリを簡単にチェックする方法があるのです。

それは、ものすごく簡単な方法で、自分の体のPH(ペーハー)、つまり酸性・アルカリ性度をリトマス紙でチェックするのです。

がんブローグ がん延命・克服・体験・ 医療情報 – KYOTO 健康村