100歳まで長生き暮らし情報

生活習慣病や認知症に悩まされず、元気で長生きすることは誰もの願い

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウン

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウンします。

体温はどんな役割を果たし、また冷えは身体にどう影響するのでしょうか。

「人間の身体は本来、体温36度5分以上で正常に働くようにできています。

体温が1度下がると、エネルギー代謝は12%ダウン。エネルギー代謝とは、食物から摂った栄養を、酵素などの働きで運動や体温維持のための力に変えること。

この力が低下すると、老廃物の排出もうまくいかなくなります。

痩せにくいことの原因でもあり、さまざまな病気の原因にもなります。

体温が1度下がると、免疫を司る白血球の働きが30%以上もダウンします。

 

 

 

免疫に関わる腸の働きも低下します。

ガン細胞は、35度で最も増殖する性質があるとされています。

そういったことから、低体温は、生活習慣病やアレルギー、うつ、ガンなど、さまざまな病気を引き起こすのだそうです。

体温を1度上げると、免疫力は一時的に5~6倍アップ。心臓や脾臓など産熱量の多い臓器には、ガンはできないんです。

身体を温め、平熱を上げることが健康維持につながります。

www.kyoto-kenkou-mura.com